きわどいカップデザイン
炎上も仕方なしか

セブン「疑惑の炎上商品」を検証、空洞塩むすびやハリボテサンドは本当か「練乳いちごミルク タピオカ入り」は容器に赤いイラスト(著者撮影)

 ネットで特に問題視されているのはチルドカップの「sonnaバナナミルク」と「練乳いちごミルク タピオカ入り」である。
 
「sonnaバナナミルク」は容器側面の上の部分に、中の飲料に近似した着色がなされていて、パッと見、飲料がカップに満ちているように思えるが、蓋を開けてみるとそうではないことがわかる…ということが指摘されていた。この商品は残念ながら手に入れることができなかったので、こちらで検証はできなかった。
 
「練乳いちごミルク」は入手できた。ついでに、怪しげな雰囲気を醸し出していたドリンク、「タピオカ黒糖ラテ」「とろりんチョコプリンラテ」「金のカフェラテ ノンスウィート」の3つを追加で検証していく。

セブン「疑惑の炎上商品」を検証、空洞塩むすびやハリボテサンドは本当か「とろりんチョコプリンラテ」の容器下部はこげ茶になっている(著者撮影)

 中が見えなくなっている「金のカフェラテ ノンスウィート」は、飲料が蓋の付近までちゃんとあった。こちらは問題ない。しかし「練乳いちごミルク」は本物の果肉が漂っているかのような赤いイラストが、「タピオカ黒糖ラテ」は黒糖が漂っているような茶色のイラストが、「とろりんチョコプリンラテ」は底部分にチョコが沈殿しているかのようなこげ茶のイラストが、それぞれ巧妙なクオリティーでカップに施されていたことが、中身を空にしてみて判明した。これでは「詐欺」のそしりを受けても仕方がない。

 セブンファンとしては、はっきりいって残念である。というのも、練乳いちごミルクは果肉たっぷりで、黒糖ラテはタピオカがストローからマシンガンのように入ってきて、チョコプリンラテはとても濃厚であった。どれもカップのイラストに頼らずとも満足度が高く、十分おいしい商品なのである。かような妙なイラストさえなければ「あーおいしかった」で終わるところが、飲み終わって「あれ、ちょっとだまされた?」と感じる人が出てくる可能性を、イラストを施すことでわざわざ発生させている。

 おいしそうなイラストをきっかけにリピーターを獲得したい思惑があったにしても、もう少しなんとかならなかったのか。