コロナ禍による緊急事態宣言下、日々経営環境の過酷さは増すばかり。
3月決算が近づく今、なんとか社員のモチベーションを上げながら、業績を上げたい経営者も多いだろう。だが、もうすぐ春なのに、明るい材料が見出せない。そんな社長も多いのではないだろうか。
そんな社長へ朗報。今回、18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いた株式会社武蔵野の小山社長が業績復活の究極のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がロングセラーとなり、オーディオブックが刊行され話題となっている。
この本は、2泊3日で165万円の箱根プレミアム合宿を一冊に凝縮した画期的な本。しかも「12名限定」でキャンセル待ちが続くなんともミステリアスな合宿だ。なのにはるばる全国各地から参加した社長たちは「165万円は安い」という。一体どういうことか?
経営のカリスマにその秘密とノウハウを今こそ紹介してもらおう。

Photo: Adobe Stock

「社長の椅子」と「オーナーの椅子」ではどっちが上?

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

上場企業と違い、非上場企業には「2つの椅子」があります。

「社長の椅子」と「オーナーの椅子」です。

では社長とオーナーでは、どちらが上だと思いますか?

「オーナー」です。

会社の株を3分の2以上(67%以上)持っていない社長は、支配権を盤石にできません。

会社の支配権は、株式の保有率で決まります。

保有率が多いほど、株主総会で自分の思いどおりの議決ができます。

多くの社長は「株式の保有率が51%以上あれば(過半数あれば)、主導権を握れる」と考えていますが、それは、普通決議の場合です。

普通決議とは、出席株主の過半数が賛成することによって成立します。

株主総会で決められる決議には、「普通決議」の他に、「特別決議」があります。

特別決議とは、会社の重要事項を決める決議。出席株主の3分の2以上(67%以上)の賛成が必要です。

つまり、会社の経営を安定させるには、「株式の67%以上を社長が保有する」ことが大切です。