「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

年齢相応という呪い

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

日本の社会って、「それらしく見えなきゃいけない圧」がすごいと思います。

「もう40歳なんだから、落ち着いた格好をしなきゃ」

「お母さんなんだから、お母さんらしい服を着ないと」

それ、いったい誰が決めたんでしょう?

私のYouTube チャンネルのコメント欄にも、「かあちゃんいくつですか?」という質問の多いこと!

人はよくわからないものは怖いのかもしれません。

知り合いの◯◯さんと同じ歳、芸能人の◯◯さんと同じ歳という情報を得て、初めてその人のことを理解したような気がして安心する。

それと、還暦近いかあちゃんがこれを着ているんだから、私も大丈夫、とも思っていただけているのかもしれませんね。なんとなくお気持ちはわかります。

でも、プライベートで着る服まで、「~らしく見える」を気にする必要があるのでしょうか?

私自身買い物や遊びに出かけるときの服は、今日着たいもの、自分の個性が引き立つもの、純粋にただそれだけで選びます。その気持ちは、20代の頃からまったく変わっていません。

昔の還暦は、1つの会社を無事勤め上げめでたく定年退職。あとは穏やかな余生をという人生のターニングポイントでした。

今、60歳で引退なんて社会が許してはくれません。まだまだ気力体力は十分です。

元気な人はいくつになっても、仕事をしたり、地域の活動をしたり、孫の世話をしたりして若い世代や社会の役に立ち、若い人の社会保障費の負担を減らしてあげなくてはいけません。

老けたと思う人から老ける。

年齢には何の意味もありません。

もう何歳だからそれらしく見えなきゃという呪いからは、さっさと逃げたほうがいいですよ。

『どうせなら歳は素敵に重ねたい』では、ファッションブロガーであり、大人気YouTuberでもあるミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが、「年齢を重ねる」ということをネガティブに捉えずに、経験豊かな余裕ある大人として自信をもって楽しく生きていくための秘訣を実感をもって伝えてくれています。

いくつになっても自信をもって、自分らしく素敵に生きていきたい! という方はぜひご覧になってみてくださいね!

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら