スマートホーム
スマートホームは不動産業界や人々の生活にどのようなインパクトを与えるか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

携帯電話が「スマートフォン」と進化したように
家も「スマートホーム」へ

 あなたは外出時、ガスコンロの火消し忘れや、玄関の鍵の締め忘れに、ヒヤリとした経験はないだろうか?

 また、真冬に仕事から帰るとちょうどお風呂が沸いていたり、真夏に帰宅前に冷房をつけることができたりしたら、快適ではないだろうか?

 そのような現実がすでにもう来ている。それが「スマートホーム」だ。「携帯電話」が「スマートフォン」へと進化したように、家が便利になっていくのは時間の問題である。

 それを実現するのは、ICTの力が大きい。家の中は「IoT」化できるものがたくさんある。「IoT」(Internet of Things)とは「インターネットに接続されたモノ」のことで、センサーを備えた家電やWebカメラなどを、すべてスマホのアプリを活用してインターネット経由で操作できるようになっている。

 これらはすでに実用化されており、2021年はその便利さを競う「元年」となりそうだ。