コロナ禍以前に東京ビッグサイトで開かれた不動産投資セミナーは立ち見が出るほどの盛況だった。オンラインに主な場を移した今も熱気は変わらない
コロナ禍以前に東京ビッグサイトで開かれた不動産投資セミナーは立ち見が出るほどの盛況だった。オンラインに主な場を移した今も熱気は変わらない(撮影/吉松こころ)

 多くの投資家が自己破産して社会問題になった「かぼちゃの馬車」事件から3年。不動産投資には今も若者たちが群がる。一体なぜ。リスクはないのか。AERA 2021年3月1日号から。

*  *  *

「いよいよ不動産不況の足音がしてきました」

 不動産業界では今、こんな声を耳にすることが増えている。

「名古屋はバブル崩壊前夜。去年完成した投資用の新築ワンルームマンションで半分以上空室になっているものもあります」

 業界関係者はそう打ち明ける。

 だが2月中旬、都内の雑居ビルで開かれた不動産投資セミナーは5~6メートル四方の部屋を30人ほどの参加者が埋め、個別面談を行う七つのテーブルで熱心に説明を聞いていた。「今すぐ始められる不動産投資」「儲かる投資戦術」などと銘打ったオンラインセミナーも活況で、ある企業では開催の数をコロナ禍以前より大幅に増やし、1年8カ月ほどの間に累計7千人が受講したという。