このコロナ禍では、成長を目指すだけではなく、ムダを省き、筋肉質な経営を目指さなければいけません。リモート経理を導入できれば、「コスト・働く時間」を劇的に少なくすることができます。経費精算のためにわざわざ出社していては、時間とお金をドブに捨てているようなもの。そもそも経理とは「経営管理」の略称。「営業」が会社の攻めを司る剣なら、「経理」は守りを固める盾です。右肩上がりの時代はどこの会社も営業重視でしたが、コロナ禍では経理がいっそう重要になりました。
本連載は、「リモート経理を導入するためのノウハウ」を紹介するものです。著者は「会計とITの融合」を得意とする税理士、井ノ上陽一氏。『リモート経理完全マニュアル 小さな会社にお金を残す87のノウハウ』を出版し、「いつでも・どこでも・誰でも」安心に経理業務ができるメソッドをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

給与明細を手渡しで渡していますか?

 給与明細は重要な書類であり、情報としてもれてはいけないものです。給与を公開する会社も増えてきましたが、現実的には難しい場合がほとんどでしょう。

 この機密を守ることはリモート経理と非常に相性がよいものです。

 通常、給与明細を紙で渡す場合は、プリントアウトして封筒に入れて郵送、または手渡しになるでしょう。これはリモート経理の大敵です。給料日前に必ず出社しなければいけない状態は会社全体で阻止しましょう。

 では給与明細をどのような形で渡せばいいのか。

 オススメなのはネット上で確認できる形です。それぞれが専用のサイトにログインして自分の給与明細を確認し、必要があれば自身の責任においてプリントアウトしてもらいます。

 そもそも給与明細が紙で必要な社員がどれだけいるでしょうか。

 紙でもらうことによって情報漏えいのリスクもありますし、気分的にも落ち着かないのが現状ではないでしょうか。ではすればいいのでしょうか。