英単語はそこそこ知っている。文法もそれなりに分かる。にもかかわらず、英語が聞こえない、通じない、会話が続かない日本人が多いのはなぜでしょうか? 国際ヘッドハンティング会社のアジア支社長を務め、現在、シンガポール国立大学で世界の留学生たちに英語コミュニケーション術を教える著者は、その理由を「日本人の英語の勉強法が間違っているから」だと言います。香港生まれで、東京外国語大学の日本語学科を首席で卒業した著者は、「日本語の言語学的特性」を熟知した上で、日本人が最速で英語を身に付ける方法を考案し、これまでに多くの日本人をペラペラにしてきました。そのメソッドを初公開し発売即重版となった話題の書が「7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本」です。本書の中から、カタカナ英語と中学英語だけで、驚くほど会話がはずむようになるコツをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

想像以上に効果抜群!「大きな声」の力

 今すぐにできて、英語が突然伝わるようになる、とっておきの「コツ」をお教えしましょう。

 自信がない時や恥ずかしい時って、どうしても声が小さくなってしまいますよね。その心理を逆手にとって大きな声を出すのです。周りからも自信がありそうに見てもらえますし、何より大きな声を出すだけで自分自身に自信がついて、恥ずかしく感じなくなるのです。

 私がシンガポール国立大学のビジネススクールで教えているのは世界中から集まった多国籍の学生たちですが、みんな「これは使える!」「効果絶大だ!」と言ってくれます。”なーんだ、そんなことか”と思わずに、試してみてください。きっと、あなたもその効果に驚くと思います。

意外! ボディ・ランゲージは、多すぎないほうがいい

 もう1つ、日本人が英会話をしているときに、少し気になるのは不必要な身振り手振りが多すぎるということです。言葉で伝えきれない思いをジェスチャーで、という気持ちは分からないでもないですが、逆効果になっているように思います。ボディ・ランゲージは適切に行えばコミュニケーションを助けてくれますが、話している間ずっと落ち着きなく手や頭やからだを動かしているのは、too muchです。「ここぞ!」というタイミングで適切な身振りをするのが効果的です。