ハーマンインターナショナルは4月6日、シンプルなデザインとベーシックな機能に定評のあるエントリーライン「TUNE」シリーズから、ワイヤレスオンイヤーヘッドホンモデル「JBL TUNE 510BT」を、4月16日から発売すると発表した。

 JBL TUNE 510BTは、2019年発売の「JBL TUNE 500BT」の後継モデルで、ワイヤレス再生時間を前モデルのおよそ2.5倍となる、最大およそ40時間まで拡大している。また、急速充電もレベルアップしており、およそ5分の充電でおよそ2時間分の再生時間を確保できる。BluetoothのバージョンもVer.4.1からVer.5.0にアップデートしている。

 前モデル同様、およそ32mm径のダイナミックドライバーを搭載している他、本体に内蔵されたマイクでのハンズフリー通話が可能。本体のサイドに搭載のマルチファンクションボタンからは、GoogleアシスタントなどBluetooth接続したデバイス側に搭載されたボイスアシスタント機能を起動することができる。

 くわえて、最大2台までのデバイスを同時に接続できる「マルチポイント」機能を搭載しており、1台のスマホで音楽を聴きながら、もう1台のスマホからの入電を受けることができる(2台同時の音楽再生や通話は不可)。

 カラーはブラックとホワイトの2色で、重さはおよそ160g。価格はオープンで、公式通販サイトでの価格は5480円。