NTTドコモは「Galaxy S21 5G SC-51B」「Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」の2機種を4月22日に発売すると発表した。今日8日から予約受付も開始する。ドコモオンラインショップでの価格は9万9792円(スマホおかえしプログラム適用時に6万6528円)と15万1272円(同10万848円)

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

 サムスン電子の最新フラグシップであるGalaxy S21シリーズだが、ドコモ版では最上位モデルの「Galaxy S21 Ultra 5G」が含まれている。

 そのGalaxy S21 Ultra 5Gは、より高解像度な6.8型有機ELディスプレー(1440×3200)で120Hzのリフレッシュレートに対応(Galaxy S21 5Gも120Hz対応)。また、カメラは1億800万画素をメインとした4眼構成になっている。特に望遠については、光学3倍+光学10倍のデュアルで、AI超解像技術による100倍ズームをサポートする。12bit RAW撮影や3つの画角を切り替えながらの動画撮影も可能。

 Galaxy S21 Ultra 5Gのもう1つの目玉がSペン対応。Sペン自体はオプションとなるが(Sペンが収納できるケースがセット)、Galaxy Noteシリーズでおなじみの滑らかな書き心地でのペン操作が利用できる。


■関連サイト