長引くコロナ渦中。引きこもりがちな毎日に、ストレスを感じている人も多いのではないだろうか。
寝ても疲れが取れない、ちょっとしたことですぐ不安になる、自分だけが取り残されているように感じる……という人にぜひ読んでほしいのが、2021年4月14日に刊行する『大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした』(クルベウ著 藤田麗子訳)だ。
原著は韓国で2020年7月に発売。発売後5ヵ月で6万部を突破し、韓国の大手書店でもベストセラーランキング入り。「つらいときにひとりで読みたい」「低くなった自尊心を満たしたいときはこの本が役立つ」「誰が読んでも共感できる内容」と絶賛の声が数多く寄せられている。
著者のクルベウ氏は事業に失敗し、自分を励ますためにSNSに投稿していた癒しの言葉が多くの共感を集め、2015年に作家デビュー。処女作『心配しないで』はBTSのファン感謝イベントでJ-HOPEから「メンバーのJINにおすすめしたい本」として紹介され、ファンの間で「BTSおすすめの作家」として話題に。クルベウ氏は韓国では著書累計55万部を突破するなど、「韓国のSNS作家として一番人気」との呼び声も高い。
そんな人気作家のベストセラーエッセイの邦訳が2021年4月14日に刊行となった。
「自分らしく、豊かに生きるためのメソッド」が詰まった本書。今回は、日本版から「一時の感情に飲み込まれずに、仕事をする方法」について、一部抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「今できないこと」を気にしすぎない

勤続30年を経て、定年退職を控えたある会社の役員が
退任式でこんな話をした。

もしも今、あなたが新入社員なら、
あまり多くのことを考えすぎないでほしい。
入社直後は、もっとも多くのことを悩む時期で、
自分の意見や行動に確信を持てない時期だ。

だから、自分が今日1日どれほど至らなかったのか、
あるいは、自分は会社の役に立っているのだろうか、
自分の行動は正しいのか間違っているのか、
そうしたことをあまり考えすぎないでほしい。

今は学びの過程だという気持ちで、
いずれ多くの仕事を担当するためのステップだ
と考えてもかまわない。

「めんどうな人」へのスルー力を高める

どんなことであれ、学びの過程において
うまい下手はそれほど重要ではない。
もちろんミスがあれば叱られることもあるだろうが、
気にしすぎることはない。

その人と永遠に一緒に仕事をするわけではないのだから、
相手に大きな意味を持たせて苦しむ必要はない。

会社にかぎらず、
静かに話せる状況なのに怒鳴ったり、
あえて言わなくてもいいことに
いちいち口出しをしたりする人はいる。
そういう相手に大きな意味を持たせずに生きていくことが
人生をうまく歩んでいくコツだ。