・もっと効率的に資産を増やせないか?
・会社の財務をもっとうまく管理できないか?
・画期的で新しいアイデアやテクノロジーを生み出して儲けられないか?
不安定さを増す世界で、私たちは好むと好まざるとにかかわらず、日々そんなことを考えざるを得なくなっています。お金で愛や幸せは買えないとはよく言ったものだけれど、お金がなければその先に貧困や満たされない人生が待ち受けているのもまた事実だからです。
16歳でケンブリッジ大学に進んだという逸話を持つアマチュア天才数学者、ヒュー・バーカーは、新著『億万長者だけが知っている教養としての数学』の中で、そんな世知辛い世の中で一際役に立つものこそが「数学」だといいます。「数学を使って儲ける」ためのあらゆる知恵を網羅した同書から、とっておきのトピックを紹介しましょう。

億万長者だけが知っている教養としての数学
Photo: Adobe Stock

巷に伝わるギャンブルの「必勝法」で、本当に勝てるのか?

 長年にわたり、数々のギャンブラーたちが、ノー・リスクで絶対に儲かる必勝のベッティング・システムを発明したとぬか喜びしてきた。そして、多くの詐欺師やペテン師たちが、ついに必勝システムを発明したと豪語し、だまされやすいギャンブラーからお金を巻き上げてきた。ベッティング・システムについて真っ先に言っておかなければならないのはただひとつ、「本当に必勝である」ということだ。といっても、胴元側にとって、だが。ベッティング・システムにだまされた人からお金を巻き上げるのは、短期的、中期的、長期的に見て、カジノやブックメーカーにとって絶対確実な金儲けの方法なのだ。

 ベッティング・システムにたいてい穴がある理由を理解するため、史上もっとも有名なシステムを見てみよう。