長引く巣ごもり生活で慢性的な運動不足と体重増加に悩んでいないだろうか。
連休こそやせたい! そんなあなたに朗報がある。
☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80) 30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にした「やせる3拍子ウォーク」という新メソッドをご存じだろうか。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとして6万人を指導してきた山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル! 3歩目の歩幅を広げるだけ! しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか? 女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストの「グランプリ」や「ファイナリスト」に育成する手腕が今、注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』がロングセラーとなっている。
6万人を変えたマユウ氏のメソッドは、「自粛太り」にも効果を発揮するのか?
体力がなく、運動嫌いの女性ライターが、その実験結果を報告する。――(こちらは2020年6月7日付け記事を再掲載したものです)

Photo: Adobe Stock

「日常生活にビルトイン」が習慣化のカギ

山口マユウ
川代紗生(Kawashiro Saki)
書店出身のライター
東京都生まれの27歳。全国7店舗に拡大中の次世代型書店『天狼院書店』本部担当。メインジャンルは恋愛・働き方・ライフスタイル等。書店員歴5年半、書店店長歴3年の経験から、本の紹介記事も得意とする。
【連載第1回】
【コロナ自粛太り解消】「体年齢70歳」といわれた27歳運動音痴女子を5日で2.2キロやせさせた「魔法の本」
【連載第2回】
コンビニまでの10分間に3歩目をちょっと広げるだけでマインドフルネス効果?外出自粛ストレスを解消するたった1つの習慣 
【連載第3回】
6万人を指導したウォーキングスペシャリストが語る「美しい女性」の条件 
【連載第4回】
自信ってどうやって身につけるんですか? 「ミセス日本グランプリ」40代グランプリを受賞したウォーキングスペシャリストに聞いてみた。

まさか、運動が楽しい、と思う日がくるとは思っていませんでした。

子どもの頃から運動が苦手で、マラソン大会では万年ビリ。
体力がなく、疲れやすい。

とにかく自分には運動の才能がないから、今後の人生で運動を楽しめる日がくることはないとあきらめてきました。

しかし、ここ最近一念発起し、トレーニングを続けた結果、なんと21日間で運動習慣を身につけることに成功したのです。

特別なことはなにもありません。

なんなら、すべて家の中で完結させることもできます。

運動習慣を身につけるのに一番大事なのは、とにかく「日常生活にビルトイン」させること、つまり、ほぼ無意識でできる状態まで持っていくことだと気がつきました。

今回の記事では、私がどのようにして運動習慣を身につけていったのか、紹介したいと思います。