あなたは、この事実が信じられるだろうか?
☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
このアンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとして6万人以上を指導した山口マユウ氏。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
女優やモデルだけでなく、一般人を“美魔女コンテスト”など数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が、発売たちまち話題を呼んでいる。
そんな6万人を変えたマユウ氏のメソッドは、本当に効果があるのか?
コロナ騒動で外出自粛期間が続くなか、27歳の女性ライターが実験台となって、効果検証した体当たりレポートをお届けする。

Photo: Adobe Stock

「自由に外を歩けない」ストレスが解消した
 たった1つの習慣

山口マユウ
川代紗生(Kawashiro Saki)
書店出身のライター。東京都生まれの27歳。全国7店舗に拡大中の次世代型書店『天狼院書店』本部担当。メインジャンルは恋愛・働き方・ライフスタイル等。書店員歴5年半、書店店長歴3年の経験から、本の紹介記事も得意とする。
【連載第1回】
【コロナ自粛太り解消】「体年齢70歳」といわれた27歳運動音痴女子を5日で2.2キロやせさせた「魔法の本」
【連載第2回】
コンビニまでの10分間に3歩目をちょっと広げるだけでマインドフルネス効果?外出自粛ストレスを解消するたった1つの習慣 
【連載第3回】
6万人を指導したウォーキングスペシャリストが語る「美しい女性」の条件 
【連載第4回】
自信ってどうやって身につけるんですか? 「ミセス日本グランプリ」40代グランプリを受賞したウォーキングスペシャリストに聞いてみた。

これまでの人生で、「自由に外を歩くことができない」という恐怖を抱いたことはあっただろうか。

あるいは、その可能性を考えたことがあっただろうか。
恥ずかしながら、筆者である私は一度もなかった。
まさか、自由に外を歩けなくなる日が来るとは夢にも思っていなかった。

「緊急事態宣言」の発令により、気軽に外を出歩けない状況が続く。
どうしても外せない用事や仕事、生活維持・健康維持に必要な買い物や散歩を除き、不要不急の外出は控えなければならない。

この状況がいつまで続くのかわからないし、いつになったら、マスクをすることなく、他人との距離を気にすることなく、思い切り外を出歩けるようになるのか、いまだわからない。

そのような先の見えない状況で、「外を歩く」ということが制限されている現在に、苛立ちを覚えている人も多いだろう。
もちろん、私もそうだ。
いつになったらまた自由に歩けるようになるのだろうかと、不安な日々を送っている。

この精神的ストレスをどのように解消したらいいのだろうと悩んでいたとき、私を救ってくれたのは、ある1つの「新しい習慣」だった。

自分の生活の中で、ほんのちょっと工夫をするだけで、こうも気持ちが違ってくるものかと、驚いた。

それは、「歩き方を変える」ことだった。