婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%!「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。
マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回はその中から、おせんべいのきれいな食べ方についてご紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

おせんべいは袋の中で割って食べる

個別包装されたおせんべいなどを、大人の女性がそのままかじるというのはなんだか躊躇してしまいせんか? かと言って、割って食べようとすると、飛び散ってしまったり……・。

では、品良くいただくにはどうしたらいいでしょうか?

袋から出して割るのではなく、あらかじめ袋の中でひと口大に割ってから口に運びましょう。これは、ある程度大きいクッキーなどでも同様です。

その際、サッとひざにハンカチを載せていただくなど、ほんの少しの心遣いがごく自然にできると、さらに品よく映ります。

「この食べ方がマナー」という決まったルールがないものでも、どうしたらきれいにいただけるか、と常に考え、気を遣っている姿から育ちの良さが垣間見えるのです。

『「育ちがいい人」だけが知っていること』では、普段の生活の中で「育ち」が出てしまうポイントや、どうふるまうのが正解か?というリアルな例を250個も紹介しています。誰にも指摘されたことがないのに、実は「あの人は、育ちが……」なんて周囲の人から思われているとしたら、本当に恥ずかしいですよね! 今さら聞けないことばかりですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。