はちみつをやや多めにして、子どもが食べやすいようにしているのです。それでいて、大人も大満足な味、というのがうれしい。

 カレー粉とはちみつ、その他隠し味を混ぜたヨーグルトソースに鶏肉を漬け込み、フライパンでさくっと焼く簡単贅沢レシピなので、誰でも手軽に作れます。

 その日食べてもおいしいし、作りおきにして翌日以降に食べても味がしみておいしい

 ですから、わが家の子どもたちも、作った翌日のお弁当に、
「タンドリーチキン入れて!!」
 と朝起きた瞬間からリクエストが始まる。

 これは、これまでまったく見たことのない光景でした。
 この瞬間、鶏肉レシピと言えば、子どもたちがいちばん好きだった「鶏のから揚げ」が横綱から陥落! わが家にタンドリーチキンの黄金時代がやってきたのです。

 志麻さんによると、つけ合わせのブロッコリーについても、ゆで方次第で食感が全然違うので、ややかためにゆでてあげて、コリコリ感を出してあげると、ブロッコリー嫌いなお子さんも喜んで食べてくれるのだとか。

 フランスでは、離乳食あたりから子どもに野菜を食べさせるそうです。

 日本では、「子どもが野菜を食べないから野菜を出さない」というケースが多いのですが、志麻さんいわく「やわらかめ、かためなど、ゆで方ひとつで野菜を食べられるようになるので、どんどんチャレンジしていただきたい」とのこと。

 本書に詳細レシピがありますので、ぜひとも、今夜の晩ごはんにいかがでしょうか。志麻さんのタンドリーチキンは私のおすすめナンバーワンです。
 これは、ほんとにうまい。生きてきてよかったと思える味です。

 お父さんもお母さんも、お子さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、嫌なことはみんな忘れて、みんな笑顔に変わること間違いなしです!

 冷蔵庫の食材ででき、彩りよくとってもおいしい志麻さん「プレミアムレシピ」の数々は、連載第1回 http://diamond.jp/articles/-/140457をご覧いただければと思います。

異例の大反響、人気記事

【志麻さん休日らくらくレシピ】「伝説の家政婦」志麻さんが教えるあると便利な調理器具、なくていい調理器具!驚くほど少ない油でカラッと揚がるメンチカツとコロッケの秘密
【志麻さんGW特別企画】テレビで話題沸騰!「伝説の家政婦」志麻さんの大人気「ベスト15品」と素材別「+α」ついに発表!
【GW志麻さん流スーパー買い物術】「伝説の家政婦」志麻さんは、「この順番」でスーパーの買い物をしていた!
【巣ごもり休日は志麻さんデザートで!】「伝説の家政婦」志麻さん直伝!フライパン1つで手作りプリンが簡単においしくできるコツ