株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />不動産業者に騙されないために必須なことPhoto: Adobe Stock

「何がよくて、何が悪いか」
を自分で判断

 世の中には、よく考えればわかることでも、口達者な営業トークを簡単に信じてしまう人が多いのです。

 後をたたない「振り込め詐欺」の被害も、ニュースで見聞きするぶんには「なんであんな手口に騙されるんだろう?」と思いますが、いざ自分が当事者になると客観視できずに騙されてしまうのでしょう。

 私の周りでも、「老後のために」といったセールストークで、利益が出ないどころか赤字運営するしかない物件を買わされている人が何人もいます。

 無知で不勉強で面倒くさがりの素人ほど、すすめられるがまま投資をしてしまう。

 そういったケースを、私は証券ウーマン時代にもたくさん見てきました。

 だからこそ、自分がいざ不動産投資をすると決めた瞬間から猛勉強をはじめたのです。

 当初、物件探しで不動産会社を訪ねたときは、若い女性だけにナメられてしまい、「なにコレ?」と思うような売れ残り物件をさんざん紹介されて、ものすごく悔しい思いをしました。

 それとともに「勉強不足で何も知らない人たちは、こういう悪条件の物件でも買わされるんだろうなぁ」とゾッとしたものです。

 私は不動産関連の書籍を100冊以上読み、不動産セミナーにも足を運んでいたと前述しましたが、理論武装しておけば、「この物件は、私の希望の条件に合いません」とビシッと反論もできます。

 希望物件の条件を明確に説明すると、不動産会社の担当者も「この人、勉強しているな」と思うようで態度が変わります。

 実際、イマイチの物件が回ってくることも、経験の浅い新人営業マンをあてがわれることも、だんだん減っていきました。

 物件を選ぶときの条件として、「何がよくて、何が悪いか」を自分で判断できる知識をしっかりと身につけておけば、業者に騙されることはありません。