生まれた順番と兄弟の人数が、心臓の健康に影響を与えるワケPhoto:PIXTA

 心臓の健康に対して、生活習慣と遺伝的因子が影響を及ぼすことは古くから知られている。この二つに加えて、出生順位ときょうだいの人数も心臓の健康に影響を与える因子である可能性が示された。スウェーデンから報告された研究によると、最初に生まれた子どもは、弟や妹よりも心血管イベント(心臓発作や脳卒中)のリスクが低く、また、きょうだいの有無や人数も心血管イベントや全死亡などのリスクと関連しているという。

 この研究は、ルンド大学(スウェーデン)のPeter Nilsson氏らによって行われ、結果の詳細は「BMJ Open」に5月25日掲載された。Nilsson氏は、「きょうだいの人数や生まれた順番と健康との関連を理解するには、さらなる研究が必要だ。特にこれからの研究は、生まれた時点でのリスク評価と、成長過程で新たに発生するリスクとの関連に着目し、生物学的または社会学的なメカニズムの特定に注力すべき」と述べている。

 Nilsson氏らはこの研究に同国の医療データベースを用い、1932~1960年に生まれた男性135万8,647人と女性131万5,037人を対象として、1990~2015年までの追跡調査を行った。調査対象者の年齢は、ベースライン時が30~58歳の範囲にあり、追跡調査時が中央値67歳(四分位範囲55~83歳)。