糖代謝異常や糖尿病を患う妊婦の子どもは、近視や遠視などの屈折異常が多いPhoto:PIXTA

 妊娠糖尿病や妊娠前から糖尿病であった母親の子どもは、近視や遠視などの屈折異常が多いというデータが報告された。オーフス大学(デンマーク)のJiong Li氏らの研究によるもので、詳細は「Diabetologia」に8月17日掲載された。

 屈折異常とは、目のスクリーンである網膜にピントが合わない状態のことで、具体的には、近視や遠視、乱視を指す。軽度の屈折異常は眼鏡で光学的に調整可能だが、幼児期の重度の屈折異常は不可逆的な視覚障害に至ることがある。本論文の著者は、「幼児の屈折異常をより早期に発見し介入することが、生涯にわたってプラスに働くのではないか」と述べている。

 屈折異常はここ数十年増加し続けており、その原因は非遺伝的因子の影響が大きいと考えられている。例えば、パソコンなどで長時間のディスプレイ操作を行ったり、野外活動が少ないことは、軽度から中等度の屈折異常の非遺伝的リスク因子として知られている。その一方で、近視や遠視などの程度がより強い、高度屈折異常も増加している原因は明らかでない。この点について著者らは、「出生前に何らかの変化が既に生じていることも想定される」と、ジャーナル発のニュースリリースに記している。

 この研究は、デンマークの全国規模の住民対象コホート研究のデータを用いて行われた。1977~2016年に生まれた247万580人の子どもを長期間追跡し、母親の妊娠前からの糖尿病または妊娠糖尿病と、子どもの高度屈折異常との関連を調べた。追跡は子どもの出生時点からスタートし、25歳に至るか2016年12月31日に至るまでの間に高度屈折異常と診断されるか、もしくは移住や死亡による追跡打ち切りまで継続した。