――筆者のグレッグ・イップはWSJ経済担当チーフコメンテーター ***  4月の米インフレ率が2カ月連続で8%を突破したことは耳の痛いニュースだ。ただ、インフレ率が向こう1年のある時点でおよそ半分になる可能性が極めて高いとみられることは朗報だろう。これはそれほど大胆な予測ではない。消費者物価指数(CPI)の各項目、物価連動国債(TIPS)利回り、賃金動向を個別に検証していくと、いずれもインフレ率が約4%前後で落ち着きそうなことを示している。  もっと重要な問題は、その後にどうなるのかということだ。