しかし、退職金でも雇用保険上も不利の多い自己都合退職をすんなり選択してくれるとは限らないし、各部署で「虐め」を実施すると、やりようによってはパワー・ハラスメントなどで訴えられる可能性があるし、職場の雰囲気が険悪なものになる。

 業績の悪化で解雇したい対象が増えてきたこともあって、こうした自己都合退社実現のための器を各社が用意することになったのだろう。表向きには、仕事がある先への人事異動であって指名解雇ではないが、心が折れて自主退社したくなるように社員を仕向ける仕組みである。

 人間の心を痛めつけることを手段として用いるのだから、「嫌な感じ」のやり方であることは間違いない。大企業の悪知恵ともい言いたくなる。

 しかし、社長の一声で問答無用にクビが宣告されることの多い中小企業の解雇に比べると、いくらか丁寧で優しいような気もして、一概に非難する気にもならない。

「追い出し部屋」に
配属されたらどうするか

 会社側としては、「やむをえない」事情が多々ある。

 指名解雇は理由なしにできない。業績は短期間に回復する見込みはない。余剰人員を抱えている余裕はない。優秀な社員には残って欲しい。訴訟などのトラブルは起こしたくない。会社の評判は(なるべく)損ないたくない。

 後でこうなる可能性を考えて、正社員の採用を絞って非正規労働者を使って来たのではあったが、「業績の悪化がこうした工夫を軽く追い越した」といった状況だろう。

 仮に、自分が「追い出し部屋」への配属を打診されたら、どうするべきだろうか。