誰しも悩みや不安は尽きない。寝る前にイヤなことを思い出して、眠れなくなるなんてことも……。そんなときの助けになるのが、最新刊の感動小説『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)だ。ゲイのカミングアウト、パートナーとの死別、うつ病の発症……苦しんだ末にたどり着いた、自分らしさに裏づけられた説得力ある言葉とても読みやすいオムニバス形式の8つのショートストーリーは、ふと心が落ち込んだとき、そっと心の執着を手放すための優しい言葉を授けてくれるYouTube「精神科医Tomyの人生クリニック」の心がスッと軽くなる“言葉の精神安定剤”で、気分はスッキリ、今日がラクになる!

【精神科医が教える】<br />自己肯定感が低い人に伝えたい…「自己肯定感ゼロ」からの脱出法

「自己肯定感」の勘違い

自己肯定感が低いことに悩む人は多いです。自己肯定感のある人は、自然と備わっているがゆえに、自己肯定感について考えたこともなかったりします。その一方、自己肯定感がない人は、自分にないものを追い求めることもあって、ツラい気分になりがちです。

そもそも自己肯定感というは、簡単にいうと、「自分はそのままでいいよ」という感覚を持っているか、そういう感覚を持っていない自分でさえも、そのままでいいと思える人は、十分に自己肯定感があるといえます。

「自己肯定感=自信」というふうに考えがちなのですが、ちょっと違うんですね。自分がそのままでいいという感覚を持っている人は、自分のやることがうまくいくか、いかないかとか、他人からどう見えるかということを、それほど気にしません。

「自分軸」か「他人軸」か

自分が主体的にやりたいことを楽しそうにやっている人が、自己肯定感が高い人なんですね。自己肯定感が低い人は、そういうふうに考えられません。つまり、うまくいっているかどうかより前に、自分のやりたいことすらわからない人もいるわけです。

なにかをやろうとするときに、「他人にどう見えるか」「恥ずかしくないか」「評価されるだろうか」なんて、他人の顔色をうかがいながら行動するクセがついていたりします。要は言動の視点が、自分軸か他人軸かの違いなんです。そこを変えるしかありません。

自己肯定感がない人は、他人の顔をうかがいすぎて、「これだったら他人に気に入られるかな」みたいに、他人軸で行動するクセがついてしまっているので、自分の本当の気持ちがよくわかっていないことが多いんです。

自分の気持ちに気づく練習法

だから、まず自分の気持ちに気づくということが大切になります。自分の意見、自分のやりたいことを意識すること。具体的な改善策としては、いろんなことに対して自分がどう思うかを、ひたすら書き出して、自分の気持ちを理解する練習をすると効果的です。

ほんの些細なことでいいんです。むしろ、些細なことのほうが自分の意見わかりやすいです。「明日の昼、なに食べようかな」とか、「好きか嫌いか」を2択で考えるとか、意見がはっきり出る答え方をしてみてください。いずれにしても、自分の気持ちに正直になる練習をするということなんですね。

いずれ自分の意見を述べることに慣れてきたら、「将来、なにになりたいか」とか、だんだん大きなことについて答えてみてください。「これだったら恥ずかしくないかな」「親にどう思われるかな」なんて他人軸の考え方が頭に浮かんだら、全部消し去ってください

自分軸で動くと楽しいことに気づく

誰にも評価されなくていいし、誰にも説明しなくていいとして、自分はなにがしたいか、どうなりたいかを正直に書き出してみる。そして、書き出したことを実行してみると、意外とうまくいくことが体感できます。自分軸で考えて行動することが、じつは楽しいことに気づくと思うんです。

自己肯定感というのは、人生経験を重ねていくなかで育ってく面もあります。なるべく他人からどう思われるかを気にせずに、自分の気持ちに気づいて、その通りに行動する。これができればできるほど、自己肯定感は高まります。

本稿は『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)の著者が日々お届けする“心のサプリメント”です。