マークイズみなとみらいは
ライフスタイル体感型施設

 オービィが入居するマークイズみなとみらいは、筆者がいま最も注目する商業施設です。6月20日にオープンしてから6月23日(日)までの3日間で、総来場者約40万人、売上高約6億9000万円の実績をあげました。このペースでいけば年間売上270億円程度まで売上を伸ばせる可能性があります(筆者推測値)。

 マークイズみなとみらいは全189店舗(物販136店舗、飲食38店舗、サービス関係15店舗)。マークイズみなとみらいに先立って4月にオープンしたマークイズの1店舗目、マークイズ静岡は148店舗で180億円の売上目標です。

 6月18日、19日の2日間の関係者や周辺住民などを対象にしたグランドオープン前の内覧会を含む数字ではありますが、マークイズ静岡の実績と比べても上々のオープン数字と言っていいでしょう。

 同施設の一番の見どころは、これまでの商業施設のようにモノを売る店だけを集めたショッピングモールから、新しい体験や体感を提供するライフエンターテインメントモールへとコンセプトをシフトさせた点です。

 同施設は立地特性を研究し、立地に合わせたコンセプトとターゲットを明確にした施設づくりになっているのが最大の特徴です。モノからコトへ移り行く消費者心理をしっかり掴もうとしている点に、従来の施設にはない工夫を凝らしていることが分かります。

(1)コンセプト

 同館のMD(マーチャンダイジング:商品政策)コンセプトは、『エンジョイ! リゾートライフ、エンジョイ! スローライフ、エンジョイ! ビューティフルライフ、エンジョイ! ヨコハマタイム』としています。これを総括した言葉がライフエンターテインメントです。

 ライフエンターテインメントモールとは文字通り、生活をより楽しく充実させるための施設という意味です。開発者の言葉を借りれば、「憩いの場であり、生活を美しく飾ったり、これまでよりもちょっといい生活だなと思えるような商品やサービスを提案する施設」ということになります。

 それは同施設の外観や内装にもよく表れています。

マークイズみなとみらいの外観。店舗外観はスタッキングによりモノとコトの重なりを表現 Photo by Tsuneyuki Iwasaki

 建物は低層にし、隣接の横浜美術館やグランモール公園と一体になった立体都市公園。圧迫感を感じさせないように箱を積み重ねたようなスタッキングという工法で、外壁にはグリーンを多数配置した柔らかな施設外観を作り上げています。

 また館内にいても室外やグリーンがよく見え、さらに屋上農園もあり、風や緑、光を感じさせるような施設にしており、できるだけ自然との共生を感じさせようとしています。