これまでの支援の枠組みですら、ハードルが高い人もいる。公的な目的があるだけに、目的のハードルに合わせられずにこぼれ落ちる人たちがいるのだ。支援者の設計思想に合わない人もいる。

 つながりを持ちたくても持てない当事者たちには、違ったアプローチが必要だ。それには、まず周囲が当事者の目線にまで下りて、対等な立場で一緒に考えていくことが大事なのではないか。

 庵FSのような未来との対話は、まさに時代の変化に見合った仕組みだ。

 プロボノでファシリテーターを引き受ける会社員だけでなく、学生団体の社会復帰チーム「One`s Life」(15人)の大学生たちも、庵FSの運営を手伝っている。

「ひきこもり大学」や「ひきこもりカフェ」といった様々な当事者のアイデアも、この対話の中から生まれたものだ。

 さらに「ひきこもり大学」を関西で開催した参加者の間からは、「当事者同士が横につながって、思いを社会に発信していきたい」という動きも起こっている。

 また、東京の「ひきこもり大学」参加者のひとりは、新たに「弱さでつながる」フリースペースを設けて、少人数の集まりを非公開で大事に育て続けている。

 こうした当事者発の人と人とのつながりが、これから少しずつ横に広がりを見せていって、周囲も彼らからの気づきを得られる機会が増えていくことになるのではないか。
 

※※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

☆―告知―☆

※池上正樹 新刊のご案内※
 ひきこもり歴12年の40代男性と向き合ってきた3年間の記録。
『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)
9月19日発売 価格780円(税別)

●池上正樹 個人コラム『僕の細道』はこちら

●講演会・交流会「ひきこもりの若者が訴えたいこと!そして彼らに伝えたいこと」
2月1日(土)受け付け:午後1時~
午後1時30分~4時50分
講師:池上正樹
会場:京都市中京青少年活動センター3階大会議室
1部 講演会
2部 交流会
入場無料
3部 講師を囲んで懇親会
懇親会のみ3500円
主催 NPO法人京都ARU 
申し込み先: TEL&FAX 075-661-2088 aru@kyoto-aru.com

●今年もひきこもりフューチャーセッション「庵 -IORI-」を偶数月第一日曜日に開催します。今年1回目は2月2日(日)です。
今回は最近の話題提供などをさせいただき、その後グループに分かれてフューチャーセッションを行います。 未来思考で「ひきこもり」について語り合いましょう。
※タイムスケジュール(予定)  

13:15~ 受付  
13:30~ IORIの説明  
13:35~ 話題提供 ・最近のひきこもり界隈の話(池上正樹さん)など  14:10~ 今回のテーマの説明  
~15:45 テーマごとに対話(各テーブル5~10人ずつ)  
~16:30 フリータイム   
*テーマ予定 ・ひきこもりカフェ ・お金の話 ・家族の話 ・結婚について ・フリーコーナー
その後移動して懇親会(サイゼリア大岡山駅前店の予定)      
※日時:2014年2月2日(日) 13:30~15:30(受付 13:15~)
※場所:目黒区中根住区センター 第1会議室  東京都目黒区大岡山1-37-2      ※東急東横線 都立大学駅から徒歩8分   
  地図:https://maps.google.co.jp/maps?q=35.6127,139.6793
※参加費:お気持ちで
※定員:約40名

※『学生団体One'sLife』が当日のお手伝いをしています。ぜひ学生さんたちの活動に「いいね!」してあげてください^^ ⇒学生団体One'sLife
※開始時刻、会場が前回と異なりますのでご注意ください。
※当日、無記名のアンケートにご協力お願いします。
※ IORIはドタキャン・ドタ参・遅刻、早退に居眠りOKです。お気軽にどうぞ!
IORIのサイト
2/2のイベントサイト

●ひきこもり大学「音楽好きのひきこもり集まれ同好会」
2月2日(日)午後6時~
場所:都内
趣旨;当事者間で音楽によってつながる(好きなCDを持ってきて、紹介し合う等)
申し込み制(下記アドレスへ)
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

●ひきこもり大学in神戸
3月21日(金・祝)午後1時から
神戸市青少年会館5階ホール
第1部 企画会議:これからのテーマや学科
第2部 ひきこもり大学「ひきこもり経済学」
対象:ひきこもり経験者、当事者と家族、支援者、一般市民の方
入場料 一般:千円
若者・当事者:無料
コメンテーター 武庫川女子大学名誉教授 小林 剛 氏
お申し込み・お問い合わせkobe@global-ships.net
【主催】 NPO 法人グローバル・シップスこうべ
【共催】 NPO 法人情報センターISIS(イシス)神戸
【後援】ふくろうの会、ブレイク・スルー(兵庫)、NPO 法人わかもの国際支援協会、ひきこもりーノ(大阪)他

●「ひきこもり大学」に関するお問い合わせが多いので、フォームをつくりました。話をしてみたい、話を聞いてみたい、アイデアを提供したい…など、こちらからお願いします。
http://katoyori.blogspot.jp/2013/09/hikikomoridaigakuform.html

●経済的問題を抱えた当事者の会合についても、引き続き参加者を募集しています。呼びかけ人の意向に沿って、参加希望者が集まりましたら、日時を協議して非公開で開催する予定です。よろしくお願い致します。

申し込み、お問い合わせ:下記アドレスへ
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)