有沢 私は「覚悟」という言葉が好きで、社長と話すときも「覚悟」をもって話します。トップを動かせなければ私は正直言って存在価値がありません。それに、人事としても面目がない。「これを言わないと今まで部下が周りを説得しながら一生懸命積み上げてきたものが無駄になる。最後にトップがダメだと言ったら、全部自分の責任だ」という覚悟は、特に人事の人には持ってもらいたいですね。

南 働き方は、会社がつくるサポートシステムから、自分と合うものを選んでいくということでしょうか?

有沢 そうです。会社が用意した選択肢からどれを選ぶかは個人次第。「It's up to you」ですね。

南 会社はわりとドライと捉えられがちですよね? 薄情というと語弊があるかもしれませんが、業績や市場環境、競争環境によって変わっていく。変わらざるをえないこともあるでしょう。サポートシステムや仕組み、ビジネスモデルも、昔に比べると速いスピードで変化するなかで、会社の決断に依存しないで働くにはどうしたらいいと思いますか?

有沢 正直難しいですよね。外資系IT企業などは、個人が自由に働いている会社のように見えますが、実は会社が定めているルールがきちんとあります。でもそれを守るなら自由に働いていい。個人の自主性を伸ばすには、会社がそういう仕組みをきちんとつくることが重要だと思います。会社に依存するのではなく、会社を利用するつもりで働いてもらいたいですね。カゴメの選択型研修制度も、受ける・受けないは個人の自由で、受けなかったとしても何のペナルティもありません。利用したいと思うオプションを提供して、社員は自分のキャリアを考えて自由に選択する。そうすれば会社に依存せず自主的に考えて働けると思います。

南 人事が請負の仕事ではなくプロデュースする仕事に変わっていくように、個人のキャリアも、今まで会社が与えてくれたものを請負仕事のようにやるのではなく、自分で自分をプロデュースしていくべきということですね。

有沢 はい。一人ひとりキャリアの考え方は違うし、キャリアパスも違います。それを今まで会社が押し付け過ぎていたと思うのです。会社はサポートシステムをつくればよくて、そこに社員が乗っかってくれるかどうかは、自主性を信じるのみ。そうした大人と大人の関係になるのが、今後のあり方だと思います。

南 資本主義ですね(笑)。

有沢 ある意味そうです(笑)。一人ひとりに「この研修とこの研修を受けてもらおう」と手厚く用意する時代は終わったと思うので、私も階層別研修などは基本的に次々とやめさせています。それよりも、自分で自分の研修やキャリアをテーラーメイドのようにつくり、最終的にキャリアビジョンを達成するためにどうしたらいいかを自分で考えられる仕組みをつくるのが会社の役目だと思います。会社は、小さな政府であればあるほどいい。自主性に任せるべきです、アグレッシブに。

南 お話を聞いていて、人事制度を全社に発表したとき話した内容を思い出しました。「公平であることがいちばん不公平だ」と。やる人はやるし、やらない人はやらない。別にそれは価値観だと思うので、頑張りたい人は頑張ればいいのです。機会と環境は提供するけれども、あとは「up to you」ですよ、と。まさに有沢さんの言葉と同じですね。

>>後編『カゴメ史上初めて外部登用された人事部長が語る波瀾万丈のキャリア』に続きます。

>>後編『カゴメ史上初めて外部登用された人事部長が語る波瀾万丈のキャリア』を読む