IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
DOL特別レポート
2015年6月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]

メーカーの“囲い込み思想”で
日本のIoTが取り残される
――日の丸IoTの成否(4)

 「損して得とれ」で欧米や台湾が標準を握ったパソコン、携帯電話、スマートフォン、DVDプレイヤー、液晶テレビのように苦戦を強いられることになるのか? それともこれらの分野での苦戦の原因を踏まえ、オープン・イノベーションなど攻めの戦略を取って世界を席巻するのか?

 少なくとも個別仕様、クローズ型商品、つながらない機器をやり続けていては勝てないことは間違いないだろう。

 多くの機器がつながる「標準」を作る、メーカーを超えて多くの機器が標準を採用する、標準を支えるシステムを構築し、アプリケーションを提供したい人たちに開発ツールを提供する、機器から集めてきたデータを活用して新しいサービスを次々と生み出せる環境をつくる。

 こういう取り組みを日本が主体的に進めることができれば、IoT化が進むにつれて、逆に日本にチャンスが到来するだろう。

残された時間は少ない
危機感と気概を持って取り組むべき

 世界は既に動き出している。

 自動車のIoT化は急速に進んでおり、既に欧米が先行しつつあるというのが筆者の印象だ。自動運転ばかりが注目されてしまい、完全自動運転が実現するのは遠い未来だろうと高をくくる人たちも多いが、それが実現するか否かが重要なのではなく、自動車のIoT化が進むこと、インテリジェント化(自動化)が進むこと、その標準が海外で作られ世界に普及していくことが問題なのだ。

 その他の分野のIoT化も進んでいる。シリコンバレーではインターネットやコンピューターに通じている人たちが続々とハードウェアの分野に進出し始めている。ロボット、家電、住宅用機器、自転車は当然のこと、彼らがどういうものまでIoT化していくのかは誰にも想像できない。

 B to Bの業務用・プロ用の世界もそうだ。前述のように航空機エンジンのような参入障壁の高い分野でもIoT化が相当進んでいる。その他の分野で進まないわけがないだろう。

 インターネットはアメリカが中心だった。だがIoTの中心は日本が担う。それくらいの危機感と主体性を持って取り組まなければ、もう間に合わないのではないだろうか。

 「IoTに取り組みたければ、日本に行こう」

 世界中の人たちがそう思う日が来ることを願い、最終回を締めくくりたい。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

SPECIAL TOPICS

伊藤慎介 [株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長]

いとう・しんすけ/株式会社rimOnO(リモノ)代表取締役社長。1973年生まれ。京都大学大学院工学研究科卒業後、1999年に通商産業省(現、経済産業省)に入省。経済産業省では、自動車用蓄電池の技術開発プロジェクト、スマートハウスプロジェクト、スマートコミュニティプロジェクトなどの国家プロジェクトを立ち上げた後、2011~2013年には航空機武器宇宙産業課において航空機産業政策に従事。2014年7月に経済産業省を退官し、超小型電気自動車のベンチャー企業、株式会社rimOnOをznug design根津孝太と共に設立。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧