エグゼクティブ層との仕事では
より服装に気を配るべき理由

 エグゼクティブ層を対象に仕事をしている人、もしくは自分自身がエグゼクティブ層に入る人は、より服装や持ち物に気を配る必要がありますが、これに気がついていない人がたくさんいます。

 なぜ、より気を配る必要があるかというと、非常に大きな金額を動かすビジネスをしようとする人が安いヨレヨレのスーツにくたびれた靴や鞄といういで立ちでは、相手に「この人に任せて大丈夫か」と思われてしまうからです。服装に気を配っていないと直接、仕事に影響が出てしまう可能性があります。エグゼクティブ層は見る目も肥えています。

 以前、「失礼ながら」とくたびれた鞄を持っていた方にアドバイスしたことがありますが、ご自身ではまったく気がついていませんでした。もともと服装に無頓着な人は自覚しにくいのかもしれません。しかし、若い人が服装や持ち物にお金をかけられないのは仕方がありませんが、エグゼクティブ層を対象とするような仕事や年齢になったらこの辺りはきちんとするべきです。

 高級なブランド品を買う必要はありません。それなりによい品質のものを買ってきちんとメンテナンスすればよいでしょう。そうすれば長く使えるので、長期的にみればそれほどコストはかからずに済みますし、何より自分が格好良く見えます。休日に着る服を我慢しても、よい品質のスーツや靴、鞄を買ったほうがよいと思います。