釋悟史くん・慶應義塾大学2年生(19歳)

松林 僕の周辺でも、行く人と行かない人の比率は半々。だけど、今までの選挙よりも若い世代の間で投票のことが盛り上がるんじゃないかな? イベントとして選挙に行く人もいると思う。やっぱ、「初めてだから」っていうことがインパクトあるから。ある意味、お祭り的なノリで出かける人がいるはずです。

原田 18歳の後輩たちが盛り上がっているのに刺激を受けて、それまで一度も足を運んだことがなかった先輩たちも投票するというパターンもあるかもね。

 僕は本籍を地元からこっちに移していないから、今回は投票しないつもりです。サークルのメンバーがLINEで不在者投票の方法 を教えてくれたけど、そこまでして投票するだけのモチベーションも働かないし……。

船田千紗さん・私立高校3年生(18歳)

原田 へぇ?、そんなやりとりまでLINEで交わしているんだね。意識高い系の人がハブになって、選挙関連の情報を流しているのかな?

船田 私の周囲には17歳と18歳が混在していて、かなり温度差があるような気がしますね。まだ17歳の人たちは、選挙のことをまったく口にしませんから。私は選挙の1週間前の週末に帰省したときに、期日前投票をしてこようと思っています。北海道から出てきて同じ高校に通っている友だちも、帰省して投票すると言っていました。

H・Sさん・私立大学1年生(18歳)

原田 おいおい、釋くんと同じ北海道だよ。「旭川だから遠いし……」って言い訳は通用しないぜ(笑)。

 学内ではあくまで少数派だけど、私の友だちは投票すると言っていたし、私もそのつもりです。やっぱり、自分の1票を投じられるという権利を与えてもらった一方で、ちゃんと投票しなければならないという義務も負っているような気がするから。ただ、一番大きく影響しているのは、幼い頃から親が投票に出かけるのにくっついていったから、それが当然の行動だというイメージを持っていることかもしれません。

政治や選挙に関する情報を
若者たちはどこでキャッチしている?

原田 やっぱり、普段から家庭の中で親と政治のこととかを話題にしていていると、選挙に対する関心も高くなるのかな?

 だけど、高校3年生の頃から、自覚し始めたんです。実は、知らないうちに私は親から洗脳されていたことに。

原田 気づいて、それでどうすることにしたわけ?

 親に植え付けられた考えではなく、自分自身がホントに関心を抱いているのはどんなことで、政治にどういったことを求めているのを知りたいと思いました。それで、見つけたのがヤフーニュースのとあるサービス。いくつかの質問に回答していくと自分の考えに最も近い政党が判明するというものです。さっそく試してみたら、結局は親が支持している政党と同じでショックでした。