恐慌決算の勝ち組・負け組

恐慌決算の勝ち組・負け組

コロナショックの直撃により、3月期決算企業の6割が今期の業績見通しを未定とした。まさに波乱の決算だが、日経平均株価は3月19日の1万6358円を底に反発して、6月上旬にはコロナ前の水準まで急回復。実体経済と株価の乖離が拡大している。特集『恐慌決算の勝ち組・負け組』では、最新決算を分析して「勝ち組・負け組」を浮き彫りにする。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP