勝ち組負け組#2
Photo:Murat Taner/gettyimages

株価を動かすのは将来の業績だが、コロナ禍では今期の業績予想は難しい。そこで注目したいのが直近数年間の業績推移だ。中長期で高成長を続ける企業であれば、経営力が高く、参入障壁の高いビジネスを展開している確率が高い。『恐慌決算の勝ち組・負け組』(全10回)の#2では、厳しい7条件を突破した精鋭候補を紹介する。

「週刊ダイヤモンド」2020年6月6日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの。

【安定成長株ランキング】
7条件クリアのエリート銘柄

 平時であっても企業の業績を予測するのは難しい。新型コロナが直撃した今期は、さらに予測が困難といっていいだろう。

 実際、例年であれば本決算時に公表される今期予想を多くの企業が発表できていない。コロナ危機に対する前提の置き方や終息のタイミング次第で、計画値から大きくブレる可能性もある。

 そこで注目したいのが、過去の業績推移である。なぜならば、中長期で安定的に成長している企業であれば、経営力が高く、他社が簡単にまねできないビジネスを展開している確率が高いからだ。

 これらの企業を中長期で保有できれば、株価の2倍、3倍も十分に期待できる。本特集では、マネックス証券のマーケット・アナリストの益嶋裕氏のアドバイスを参考に、ダイヤモンド編集部が「安定成長株」の七つの条件を設定。ハードルをクリアした企業を今期予想の営業利益の伸び率の高い順に並べた。特に注目度の高い企業は、分析コメントや詳細データを付けた。

 では、早速トップ5を見てみよう。