内田和成

内田和成

早稲田大学ビジネススクール教授

東京大学工学部卒、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て、1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から04年12月まで日本代表。09年12月までシニア・アドバイザーを務める。BCG時代はハイテク・情報通信業界、自動車業界幅広い業界で、全社戦略、マーケティング戦略など多岐にわたる分野のコンサルティングを行う。06年4月、早稲田大学院商学研究科教授(現職)。07年4月より早稲田大学ビジネススクール教授。『論点思考』(東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『スパークする思考』(角川書店)、『仮説思考』(東洋経済新報社)など著書多数。ブログ:「内田和成のビジネスマインド

危機におけるトップのリーダーシップ非常時にリーダーはどう振る舞うべきか早稲田大学ビジネススクール教授  内田和成
低炭素社会は公共財、その特質を踏まえて「グリーン・イノベーション」促進の方策を考える京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦
終身雇用とリーダーシップの関係人脈作りをオープン方式化し、仕事の仕方を「見える化」せよ慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
ビジネス界は「体験知」至上主義「学習知」を併用して難題を解決する道を示す神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊
個人が専門性を高めると、企業内の人材ニーズと個人のキャリア開発にミスマッチを起こす早稲田大学ビジネススクール教授 内田和成
終身雇用制度の功罪点検を通じて日本企業変革への道を探る慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
アジアに出現した国籍にこだわらぬ新消費者群国境を意識しない東アジア企業構想のススメ早稲田大学ビジネススクール教授 内田和成

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP