内田和成

内田和成

早稲田大学ビジネススクール教授

東京大学工学部卒、慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空を経て、1985年ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から04年12月まで日本代表。09年12月までシニア・アドバイザーを務める。BCG時代はハイテク・情報通信業界、自動車業界幅広い業界で、全社戦略、マーケティング戦略など多岐にわたる分野のコンサルティングを行う。06年4月、早稲田大学院商学研究科教授(現職)。07年4月より早稲田大学ビジネススクール教授。『論点思考』(東洋経済新報社)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)、『スパークする思考』(角川書店)、『仮説思考』(東洋経済新報社)など著書多数。ブログ:「内田和成のビジネスマインド

グローバルリーダー育成への挑戦(3)共生社会へ道拓くサステナビリティ経営実現のための経営トップ、ツール、人材教育
ビジネスで成功のカギを握る「協力関係」を作り出す秘訣京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦
ゲームの理論で解く長期的な関係が協力をもたらす理由とは京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦
経験から学ぶ力を高めるにはどうするか「挑戦し、振り返り、楽しむ」ための実践的方法神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾 睦
低炭素社会実現に向けグリ-ン・イノベ-ションを促進する条件―コストパフォーマンス試算と排出権取引の効果―京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦
スマートフォン革命で挑戦を受ける業界盟主マイクロソフトプラットフォーム包囲戦略の弱点早稲田大学ビジネススクール教授 根来龍之
「挑戦し、振り返り、楽しみながら」仕事をしそして「思い」と「つながり」を大切にする経験から学ぶための5つの要因とは神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾 睦
企業合併・買収に隠されたもう一つの狙いだからこそ求められる高い経営者「倫理」慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
誰が小売価格を決めるのか?家電製品の歴史に見る建値制 vs. オ-プン価格制京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP