ネット証券会社比較
2016年1月8日公開(2016年5月26日更新)
久保田正伸

株の銘柄選びに困ったらどうしたらいいのか?
誰もが知っている銘柄や日経平均株価など
指数に連動するETFやETNから買ってみよう!ネット証券を活用した株の初心者入門講座(6)

国内の株式市場には4000銘柄以上も上場していますから「どの銘柄を選ぶべきかわからない」と戸惑われる方も多いと思います。この連載ではいままで銘柄選びの方法について、「身近な銘柄」「株主優待銘柄」「業績が伸びる銘柄」「チャートの形を見て購入のタイミングが来ている銘柄」など、色々な紹介してきました。

*前回までの「ネット証券を活用した株の初心者入門講座」記事一覧

»【第1回】あの株を3年前に10万円分買っておけば600万円に!株式投資の最大の魅力はやっぱり「値上がり益」。「配当」「株主優待」などの魅力と注意点も紹介!

»【第2回】株を買うなら証券会社に口座が必要だ!いますぐネット証券に口座を開設する手順と、ネット証券の情報を賢く利用する方法を紹介!

»【第3回】株価はなぜ上下するのか?株価を動かす5つの要因と株の仕組みを知ろう!ネット証券で見られる各種投資情報も紹介!


»【第4回】株の銘柄はどうやって選んだらいいのか?身近な情報、株主優待、会社四季報、企業業績からネット証券のツールを使って探す方法を紹介!


»【第5回】株価チャートの形だけで売買タイミングがわかる!ネット証券の便利なツールや分析レポートを使って、タイミングよく株の銘柄を探す方法とは?


 今回、おすすめしたいのは、業績がしっかりした有名な企業、そして、日経平均株価などの指数に連動するETF(上場投資信託)です。たとえば、毎月少額ずつコツコツと買い付ける積立投資をするような場合に最適です。では、「しっかりした企業」とは具体的にはどのような銘柄なのでしょうか?

株には大型、中型、小型の3つの区分がある

  株の銘柄には、時価総額や流動性から見て大型株、中型株、小型株という3つの区分があります【図表1】。東証1部上場銘柄は以下のように区分されています。

【図表1】株式の区分
大型株 時価総額と流動性が高い上位100銘柄
中型株 大型株に次いで時価総額と流動性が高い上位400銘柄
小型株 大型株・中型株に含まれない全銘柄

 

 「時価総額」(株価×発行済株式数)は銘柄の規模を表します。たとえば、ソフトバンク(9984)の時価総額は約7兆円で典型的な大型株です。一方、東証マザーズやJASDAQといった新興市場には、成長企業や特長のあるビジネスモデルを持った企業が上場していますが、時価総額の小さな小型株が多いのが特長です。

 一般的には、大型株の方が小型株よりも売買代金や取引量が大きく(=「流動性が高い」と言います)、市場参加者が多いという面では、取引がしやすいと言えます。

 【図表2】は日経平均株価と、大型株指数、東証マザーズ指数を比較したグラフです。アベノミクス相場が始まった2012年末頃から現在に至るまでの値動きを示しています。小型株の多いマザーズ指数は、上下の振幅が激しく派手な値動きをしています。それに比べると、大型株指数と日経平均株価は比較的緩やかな右肩上がりを描いています。

【図表2】日経平均株価と大型株指数、東証マザーズ指数の比較グラフ。ライブスター証券の「livestar QUICK情報」で表示

 「値動きが激しい成長小型株に投資して一攫千金を狙う」という考えもありますが、相場には「山高ければ谷深し」という相場格言もあります。派手な上昇をする銘柄は大きな下落も起きるものです。

 時価総額が小さく、取引量が少ない(=流動性が低い)小型株は、株価が下落する時には、急落が来て損切りしようにも買い手不在になり、逃げられないケースもあります。

超大型株「TOPIX Core30」と
ネット証券おすすめのメジャーな銘柄

 一方、大型株の場合は、倒産リスクや取引量が少ないせいで売買が成立しない、といった流動性のリスクはかなり低いと考えられます。さらに大型株の中の大型株「TOPIX Core30」(時価総額と流動性が大きな30銘柄)に入っているような銘柄は、流動性という面では安心感があります。

 たとえば、セブン&アイ・ホールディングス(3382)武田薬品工業(4502)新日鐵住金(5401)日立製作所(6501)など日本を代表するような企業群です(銘柄一覧は日本取引所グループのホームページ参照)。投資初心者が投資をする場合、積立投資や長期的な投資をするには、こういったメジャーな銘柄は、有望な投資先候補と言えるでしょう。

 また、証券各社の中には、アナリストが代表的なおすすめ銘柄を紹介している場合もあります【図表3】。たとえば、SMBC日興証券では、「日興ストラテジー・セレクション 」として、中長期的な視点から企業業績も考慮した中から多数のメジャーな銘柄が紹介されています。

【図表3】証券会社の投資情報で参考銘柄をチェックしよう!
証券会社 レポート名 詳細 詳細情報
SMBC日興証券 日興ストラテジー・セレクション 同社アナリストが中長期な視点での市況見通しや投資ストラテジーを基に、企業ファンダメンタルズも考慮して選定した個別銘柄のラインアップ。大成建設(1801)三菱重工業(7012)他多数。
ネット証券比較!人気ランキング!SMBC日興証券の詳細情報はこちら!
大和証券 ダイワ投資情報マンスリー、ウィークリー 「ダイワの月間参考銘柄」欄に多数掲載。週刊(ウィークリー)はサイト上に公開。月刊「マンスリー」はログイン後に読める。銘柄はテーマごとに分類され、日本株・外国株を紹介。大林組(1802)大和ハウス工業(1925)他
ネット証券比較!人気ランキング!大和証券の詳細情報はこちら!
マネックス証券 Longineの注目銘柄一覧 ログイン後に読める。長期投資向け、大型株で投資期間1年目標、小型株で投資期間1年目標に銘柄が分類されて注目銘柄と銘柄解説が掲載されている。トプコン(7732)メタウォーター(9551)他
ネット証券比較!人気ランキング!マネックス証券の詳細情報はこちら!
安藤証券 あんどうウォッチ10 安藤証券投資情報部作成の注目10銘柄。サイト上に公開されている。東レ(3402)三菱ケミカルHD(4188)
ネット証券比較!人気ランキング!安藤証券の詳細情報はこちら!
※2015年12月24日時点

 

マネックス証券では、「Longine」という投資情報の注目銘柄一覧が見られます。銘柄は、「3年超の長期投資に適した銘柄」「今後12カ月以内に上昇が見込める大型株」「今後12カ月以内に上昇が見込める小型株」の3つに分類されており、投資対象の銘柄が絞り込みやすいと思います。

日経平均株価だけじゃない
原油にも中国にも投資できるETFのメリット7つ

 倒産リスクがないメジャーな銘柄という意味では、ETF(上場投資信託)ETN(指標連動証券)に投資する手もあります。ETFやETNの値動きは、さまざまな指数に連動しています。メジャーな商品は、日経平均株価やTOPIX指数に連動するETFでしょう。

 なお、ETFは、投資会社が裏づけとなる投資信託(Fund)を保有しています。一方、ETNは金融機関が値動きの指標連動を保証している債券(Note)です。ETF/ETN投資には魅力的なメリットがたくさんありますので、以下に箇条書きにしてみます。

【メリット1】225銘柄を買わなくても1銘柄で分散効果が得られる

 日経平均株価と同じパフォーマンスを出すために日経平均株価を構成する225銘柄全部を買う必要はありません。日経平均株価に連動するETF1銘柄を買うだけで、リスク分散の効果が得られます。

 また、メジャーな銘柄といえども、不祥事が明るみに出て株価が大きく変動することもあります。ETFなら、個別企業の要因で価格が振られにくく、倒産の心配もありません。

【メリット2】 ニュースでよく聞くあの指数~銘柄選びがわかりやすくて簡単

 日経平均株価やTOPIX……、国内だけではありません、アメリカのNYダウやS&P500指数、上海株式指数など、毎日のニュースでも報道されるような身近な指標に値動きが連動するETFが存在しています。「日経平均株価が大きく落ちたから、今が買い時ではないか?」と思ったら、シンプルに日経平均株価のETFを買えばいいのです。

【メリット3】 原油、海外株、不動産、商品……日本にいながら世界に投資できる!

 「最近、原油価格の下落についてニュースでよく聞くようになった」「インドが今後長期的に成長しそうだ」「高配当銘柄に長期投資をしたい」……など、さまざまな話題から投資のアイデアに気づかれる方は多いと思います。実は、こういった投資アイデアを実現するためのETFも、すでに存在しています。

 たとえば、原油価格に連動するETF「WTI原油価格連動型上場投信(1671)」、上海株式指数に連動するETF「上証50連動型上場投資信託(1309)」、高配当利回りの70銘柄で校正される指数に連動するETF「NEXT FUNDS 日本株高配当70連動型上場投信(1577)」など……。【図表4】では、色々な種類のETFやETNの一部を掲載しました。【図表4】でETFの種類の多さを見ていただくと、投資アイデアの広さを実感してもらえると思います。

【図表4】さまざまな指数に連動する代表的なETFとETN
  銘柄名(コード)→連動する指数 最新株価
日本のメジャーな
株価指数に連動
日経225連動型上場投資信託(1321)→日経平均
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
TOPIX連動型上場投資信託(1306)→TOPIX
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信(1591)→JPX日経インデックス400
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
東証マザーズやJASDAQ、
日本の新興市場に連動
マザーズ・コア上場投信(1563)→東証マザーズCore指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES 東証マザーズ ETN(2042)→東証マザーズ指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
JASDAQ-TOP20上場投信(1551)→JASDAQ-TOP20
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
業種や企業規模別に投資 東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)→銀行業株価指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT FUNDS 医薬品(TOPIX-17)上場投信(1621)→TOPIX-17医薬品
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
TOPIX Core 30 連動型上場投資信託(1311)→TOPIX Core 30
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託(1312)→ラッセル野村小型コア・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
大人気!市場より大きく動くブル型 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)→日経平均レバレッジ・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
TOPIXブル2倍上場投信(1568)→TOPIXレバレッジ指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
中国H株ブル2倍上場投信(1572)→ハンセン中国企業株レバレッジ指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NYダウブルETN(2040)→ダウ・ジョーンズ工業株価平均 レバレッジ(2倍)・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
下落局面で利益につながるベア型 日経ダブルインバース(1357)→日経平均ダブルインバース・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
中国H株ベア上場投信(1573)→ハンセン中国企業株ショート指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES NYダウ・ダブル・ブル・ドルヘッジ ETN(2041)→ダウ・ジョーンズ工業株価平均 インバース(-1倍)・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
高配当企業に投資する! NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)→野村日本株高配当70
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
iシェアーズ 米国高配当株ETF(モーニングスター配当フォーカス)(1589)→モーニングスター配当フォーカス指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN(2044)→S&P500 配当貴族指数・(課税後配当込み)
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES STOXX アセアン好配当50(円、ネットリターン)ETN(2043)→STOXX アセアン好配当50
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
アメリカや欧州など先進国に投資する SPDR S&P500 ETF(1557)→S&P500指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)→MSCI-KOKUSAIインデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
UBS ETF 欧州株(MSCIヨーロッパ)(1386)→MSCIヨーロッパ・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
新興国に投資できる! 上海株式指数・上証50連動型上場投資信託(1309)→上海50指数・円換算
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT FUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信(1678)→CNX Nifty指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)(1681)→MSCI エマージング・マーケット・インデックス
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
話題の原油や金などの商品(コモディティ) WTI原油価格ETF(1671)→WTI原油先物価格
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
純金上場信託(現物国内保管型)(1540)→金
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
日本や世界の不動産(REIT)に投資する NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)→東証REIT指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
上場インデックスファンド豪州リート(1555)→S&P/ASX200 A-REIT指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF(1590)→ダウ・ジョーンズ米国不動産指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES S&Pシンガポールリート(ネットリターン)ETN(2045)→S&P シンガポールREIT指数・(課税後配当込み)
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
ユニークな指数、テーマを持った指数 国際のETF VIX短期先物指数(1552)→VIX短期先物指数・円換算
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(2049)→S&P500 VIX短期先物インバース日次指数
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)
上場インデックスファンドFTSE日本グリーンチップ35(1347)→FTSE日本グリーンチップ35
●●の最新の株価チャートはコチラ!(SBI証券のチャート画面へ遷移します)

 

 ETF/ETNを使えば、日本にいながら世界中のさまざまな金融商品の指数に投資ができるのです。国内上場のETFは現在195銘柄、ETNは29銘柄です(2015年12月時点)。商品数は続々と増えています。

 さらに、海外の市場に上場するETFは、マネックス証券SBI証券楽天証券内藤証券などでネット取引ができます。海外に資産の一部を分散投資をしたい場合には、有望な選択肢になると思います。

【メリット4】下がっても儲かるETF、上がったら2倍儲かるETFもある!

 国内ETF/ETNは、通常の株式と同じように取引ができますから、信用取引も可能です。つまり、価格が下がった場合に儲かる「空売り」もできるのです。また、昨今人気が高いのが、ブル型・ベア型のETFです。

 日本取引所グループの月刊レポートによれば、2015年11月、もっとも売買代金が大きかったのは「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)」というETFでした。

 今、大人気のこのETFは「ブル型」と呼ばれています。ブル型(2倍)ETFでは、指数が10%上昇するとETF価格は20%上昇、指数が10%下落するとETFは20%下落します。一方、逆の値動きをするETFがベア型です。ベア型(2倍)ETFの場合、指数が10%下落するとETF価格は20%上昇、逆に指数が10%上昇すると20%下落します

 最近では、原油価格や中国株の下落が話題になりました。下落局面でも信用取引やベア型ETFを利用すれば、利益をあげたり、リスクヘッジ(保有銘柄の損失と相殺させて、トータル資産の大きな損失を防ぐ)したりできるのです。

【メリット5】 “高値の花”銘柄に気軽に投資する方法!?少額から取引できる!

 日経平均225銘柄全部を買わなくても、ETFなら日経平均株価と同様の値動きをしますから、かなり少額で取引ができます。たとえば、「日経225連動型上場投資信託(1321)」の場合、価格は日経平均株価とほぼ同様で、2015年末の現時点では1万9000円程度です。このETFの売買単位は1単元ずつ買えますから、約1万9000円から投資ができます。

 さらに、価格が約10分の1程度の「上場インデックスファンド日経225(ミニ) (1578)」という商品もあります。現在1単元が1600円弱で買えます。

 少額という意味では、業種別のETFも便利に使える場合があります。たとえば、「トヨタ自動車(7203)を買いたい」と思った時、1単元で約76万円の資金が必要です。

 一方、トヨタ自動車と似た値動きをする「NEXT FUNDS 自動車・輸送機(TOIPX-17)上場投信 (1622)」というETFは、1単元で2万4000円程度ですから、価格面で取引がしやすいと言えます。このETFのファンド組み入れ銘柄のうち約35%がトヨタ自動車ですから、値動きが似ているのは当然なのです【図表5】。

【図表5】トヨタ自動車と自動車ETF(1622)の比較グラフ。ライブスター証券の「livestar QUICK情報」で表示



【メリット6】 低コストで取引ができる~投資信託と比べてもお得!

 積立など長期的に投資を継続する場合、コストは重要です。ETFは投資信託の一種ですが、一般的に公募投信に比べて低コストで取引できるメリットがあります。

 投資信託では、年間何%という形で「信託報酬」と呼ばれる管理手数料がかかります。たとえば、日経平均のETF(1321)の場合、税込みで0.2376%、一方、公募投信の場合、安い商品を探せば0.2%台もありますが、0.4%、0.7%など商品によりばらつきがあり、全般的にETFより割高です。

 公募投信では手数料が無料のノーロードファンドも増えています。一方、ETFは株と同様に、コストの安いネット証券を利用することで、かなり手数料が抑えられます。たとえば、少額ずつ購入するなら松井証券を利用すれば、約定金額が1日10万円以内ならば手数料が無料です。また、カブドットコム証券では、「フリーETF」という制度があり、対象のETF13銘柄に限り、取引手数料が無料となっています。

【メリット7】 逆指値も使える!立会時間中にリアルタイム取引が可能

 公募投資信託では、1日1回公開される基準価額で取引を行います。一方、ETFは株式と同様に証券取引所で取引ができます。ネット証券を利用すれば最新の時価で、リアルタイムチャートなども見ながら売買ができるます。

 注文方法も指値や成行のほか、証券会社によっては、逆指値などの条件をつけた注文も利用できます。

 逆指値注文の使い方のひとつがリスクヘッジです。たとえば、日経平均ETFの保有時に「●円以下になったら損切り」と設定しておけば、まさかの急落時に大損失が防げます。

 最近の日経平均株価は、「年に何度かは急落が起きるかもしれない」と想定しておいた方がいいでしょう。そんな日の値動きは急転直下、たったの1、2時間で1000円以上下落することもあります。そこで、逆指値で100円の損切り設定をしておけば、小さな損失で済むでしょう。ETFは、早めの対処=機動的な取引ができる点で優れているのです。

 ところが、翌日に1000円以上の下落に気がついた場合、損切りする勇気が出ずに塩漬け株直行、となってしまう可能性があります。ちなみに、逆指値注文は長期間設定(例:SBI証券の場合、15営業日)ができますから、週末など、たまにパソコンで価格設定を見直す手続きをしておけばいいだけです(発注方法、設定可能期間は各証券会社でご確認ください)。

松井証券のツール「上場投信ガイド」を使って
ETFのリスクを避けつつ売買する方法とは?

 ETFには、これまで述べてきたようなたくさんのメリットがありますが、価格変動のリスクは避けられません。また、銘柄によっては流動性(取引量が少なく思った価格で取引が成立しない)リスクもあります。

 流動性なども踏まえたETF銘柄選びツールでおすすめしたいのが松井証券の「上場投信ガイド」です【図表6】。

【図表6】松井証券のETF検索ツール「上場投信ガイド」。口座開設者ならば無料で利用できる。
拡大画像表示

 国内ETF探しのツールとしては、他社にない機能を備えています。このツールでは、投資対象が分類されており、分配金利回りや、平均売買代金、最低投資金額などで並べ替えができます【図表7】。

【図表7】分配金の利回り順で並べたもの。松井証券のETF検索ツール「上場投信ガイド」。
拡大画像表示

  また、ETFの組み合わせ例や比較チャートの表示も可能です。口座開設者ならば無料で利用できます【図表8】。

【図表8】世界バランス型、3資産分散型などETFの組み合わせ例が提示され、パフォーマンス比較などができる。松井証券のETF検索ツール「上場投信ガイド」。
拡大画像表示

 ところで、ETFは投資信託のような定額買付サービスを行っている証券会社はあまりないか、もしくは、コストがけっこうかかる場合もあるようです。

 ただし、前述のとおり、少額から取引ができますから、定期積立をしたい場合には自分で毎月1回買い付けを行えばいいのです。ネット取引ならば、それほど手間はかかりません。

 自分の大切な資産をほったらかしにしない、という意味でも、自動積立より自分で証券会社のサイトにアクセスして、買い付け手続きを行うことはいいことではないかと思います。その際に、証券会社が提供している投資レポートを読んでみるなど、定期的に相場のチェックを行えば、投資力のアップにもつながるでしょう。

※本文中に掲載した株価や数値は2015年12月時点のものです。

 

*前回までの「ネット証券を活用した株の初心者入門講座」記事一覧

»【第1回】あの株を3年前に10万円分買っておけば600万円に!株式投資の最大の魅力はやっぱり「値上がり益」。「配当」「株主優待」などの魅力と注意点も紹介!

»【第2回】株を買うなら証券会社に口座が必要だ!いますぐネット証券に口座を開設する手順と、ネット証券の情報を賢く利用する方法を紹介!

»【第3回】株価はなぜ上下するのか?株価を動かす5つの要因と株の仕組みを知ろう!ネット証券で見られる各種投資情報も紹介!


»【第4回】株の銘柄はどうやって選んだらいいのか?身近な情報、株主優待、会社四季報、企業業績からネット証券のツールを使って探す方法を紹介!


»【第5回】株価チャートの形だけで売買タイミングがわかる!ネット証券の便利なツールや分析レポートを使って、タイミングよく株の銘柄を探す方法とは?

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年5月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2400本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 90本
【おすすめポイント】
最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1019本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 43本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 986本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2428本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

日経新聞が無料で購読可能! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券
楽天証券
手数料の安さ、ツールの
使いやすさが魅力!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!