パッケージをよく見て賢く活用

 機能性表示食品の商品パッケージには、

・機能性表示食品と記載され届出番号が表示
・どのような機能性があるのか
・1日の摂取目安量
・1日当たりの摂取目安量を摂取した場合、どのくらいの機能性成分が摂取できるか
・摂取する上での注意事項

 などが記載されていますが、小さい文字で記載されていることが多いので、よく読んで活用することが大切です。

 機能性成分は薬ではないので、残念ながら即効性は期待できません。また多く摂れば摂るほど効果が得られるものでもないので、1日の用量を守り補助的に活用していきましょう。

 各商品の安全性やどのようなデータを収集しているかなどのさらに詳しい情報は「消費者庁のWEBサイト」で公開されています。

 機能性表示食品のパッケージには、必ず「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」と記載されています。栄養素はチームで働いているため、ある特定の成分を摂るだけでは健康にはつながりません。やはり基本の健康的な食生活があってはじめて効果が期待できます。

 飲料やサプリメント以外にも野菜、鮮魚、精肉にも表示が認められているので、今後の動向が楽しみな機能性表示食品。賢く活用して自身の健康管理に役立てていきましょう。