2016年11月、マイクロソフトは「Flow」というサービスをリリースした。様々なクラウドサービスを橋渡しするサービスで、単体のサービスでは実現できない機能を利用できるようになる。プログラミングの知識なしで、複数サービスを串刺しにして活用できるのがウリ。しかも、その後どんどんバージョンアップを重ね、現在は177種類(10月17日現在)のサービス、機能と連携できる。今回は、Flowを使って、超絶便利な合体機能を活用する技を紹介しよう。

262
Microsoft Flowで複数サービスを便利に連携活用しよう!

177種類のサービス・アプリを連携できる

 クラウドサービスやアプリの間を橋渡しし、複数の操作を自動化することで便利なワークフローを構築できる「Microsoft Flow」(https://flow.microsoft.com/ja-jp/)。2016年11月にリリースされ、約1年が経った。みるみると機能が充実し、利用できるサービスも増え、今や無視できないレベルに来たので紹介したいと思う。

 クラウドサービスを橋渡しし、処理を自動化してくれるサービスはほかにもある。「神アプリの説明書 第46回 複数SNSでプロフ画像などを同期できる神アプリ「IFTTT」を徹底解説」で紹介した「IFTTT」(イフト)や、「柳谷智宣のkintoneマスターへの道 ― 第24回 kintoneとZapierを連携してメール通知が届くようにしてみる」で紹介した「Zapier」だ。「Flow」はどんな感じなのだろうか。早速チェックしてみよう。

262
「Microsoft Flow」のウェブサイト
262
マイクロソフトアカウントでサインインする
262
Flowにサインインできた! まずは「テンプレート」タブをクリックしよう

 「テンプレート」には複数のサービスを組み合わせた、便利なフローがテンプレとして登録されている。有志が作成したフローもあり、すでに約750個もラインナップ。様々なサービスの活用法が提案されている。まずは、面白そうなものを見つけて試してみよう。

 Instagramへの新規投稿の画像をDropboxに保存してくれるというテンプレートを見つけたので開いてみた。「サインイン」をクリックして、DropboxとInstagramにサインインすると、「続行」ボタンがクリックできるようになる。

 続けて、フローの編集画面が開く。プログラムっぽくなり、ちょっと何をしていいのかわからなくなりそう。とはいえ、テンプレートなら、個別の機能に関するところは触らなくていい。たとえば、Dropboxのどこに保存するかといった、ユーザーが選択する部分だけを見ればいい。その後、「フローの作成」をクリックすれば完了だ。ちなみに、ユーザーがなにも設定する必要がない場合、「続行」ではなく、いきなり「フローの作成」ボタンが表示される。

 何かInstagramに投稿すると、15分前後でフローが実行され、Dropboxの指定のフォルダーに写真が保存されていた。自動連係成功だ。

262
テンプレートからフローを選ぶ
262
各サービスにサインインして「続行」をクリック
262
Dropbox内のどこに保存するか選ぶ
262
「フローの作成」をクリック
262
フローが作成された
262
Instagramに投稿する
262
15分後、自動的にフローが実行された
262
Dropboxに写真が保存されていた!

 ほかにもいくつか試してみる。Dropboxへファイルが保存されたら、OneDriveにバックアップするというもの。こちらも、両サービスにサインインし、フォルダーを指定するだけで、フローが完成。ファイルを保存して放置しておくと、自動的に「bacup from fropbox」というフォルダーにファイルがコピーされた。大手のクラウドサービスがいきなりなくなることはないだろうが、バックアップがあるのは安心だ。

262
「Dropboxの新しいファイルをOneDriveにコピーし、プッシュ通知を受け取る」を作成する
262
チェックするフォルダーと保存するフォルダーを選択する。そのままだとルートフォルダーが選択される
262
ファイルをDropboxに保存する
262
OneDriveにもコピーされた

 クラウドストレージは問題ないようなので、次はスケジュールを管理してみる。「第261回 2000万人が利用するToDo管理サービス「Trello」でタスクをスマートに管理するワザ 」で紹介した「Trello」に登録したら、Googleカレンダーにもイベントを作成するというものだ。

 こちらも、最低限の要素をプルダウンメニューから選択するだけで、フローが完成。問題なく動作した。

262
「Trello リストにタスクを追加したときに Google カレンダーに新しいイベントを追加する」を作成する
262
赤いコメ印のついている読み込むボードやリストID、カレンダーIDなどを選択する
262
Trelloでタスクを作成する
262
Googleカレンダーにイベントが作成されると通知が来る
262
Googleカレンダーにイベントが作成されている

ニッチなニーズのフローを自作してみる

 ニッチなフローはニーズが少ないので、なかなか見つからないかもしれない。そんな時は自作してみよう。今回は、Facebookに投稿した内容をリアルタイムでバックアップしたい、という普通では考えられないフローを作成してみる。

 「フローを一から作成する」ページから「多数のコネクタやトリガーを検索する」をクリックし、「Facebook -ユーザーのタイムラインに新しい投稿がある場合」というトリガーを選択する。ちなみに、「Premium」と書いてあるトリガーは無料プランでは選択できない。

 すると、フローの作成画面が開くので、サインインしたり、Googleスプレッドシートへの追加といったアクションを追加して、作りこんでいく。項目を見れば大体内容がわかるだろう。「i」をクリックすればヘルプが出るのだが、シンプルすぎてあまり参考にならない。既存のテンプレートを作成し、編集画面で構成を参考にするというのもありだろう。

 今回は、投稿日と投稿内容、添付のリンクをGoogleスプレッドシートに記載していく。まずは、Googleスプレッドシートに行を追加するアクションを選択し、ファイルとシートを選択する。すると、あらかじめ入力されている項目が開くので、それぞれに入力したいパーツを当てはめていけばいい。

 プログラムとも呼べない簡単な組み合わせだが、きちんと動作するとうれしいものだ。

262
「一から作成」をクリックする
262
ページ下の「多数のコネクタやトリガーを検索する」をクリックする
262
Facebookのトリガーを選択する
262
Facebookアカウントでサインインする
262
新しいステップを追加して、アクションを追加する
262
Googleスプレッドシートの行の挿入を追加する
262
ファイルとシートを選択する
262
項目ごとに追記する項目を選択する
262
フローを保存する
262
投稿すると自動的にスプレッドシートに入力される
262
画像のURLも記録できた

スマホからでもFlowのほとんどの機能を利用できる

 iOSやAndroid、Windows 10 MobileといったスマホでもFlowを利用できる。無料アプリが公開されており、UIもこなれている。利用や動作確認だけでなく、イチからフローを作成することも可能だ。

アイコン

Microsoft Flow(iOS版)
Microsoft Flow(Android版)


作者:Microsoft Corporation
価格:無料(アプリ内課金あり)


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。


262
「Microsoft Flow」はiOS、Android、Windows 10 Mobile向けにリリースされている
262
マイクロソフトアカウントでサインインする
262
作成したフローの一覧や実行履歴などを確認できる
262
フローをテンプレートから作成できる
262
フローを編集したり、イチから作成することもできる
262
ボタンも手軽に利用できる

無料のFreeプランなら月間750回までフローを実行できる

 無料のFreeプランでは、月ごとに750回までフローを実行できる。フローそのものは無制限に作成できるが、チェック間隔は15分間隔となる。月額5ドルの「Flow プラン1」なら、3分ごとにチェックでき、実行数は4500回/月。Premiumコネクタも利用できる。「Flow プラン 2」は1分間隔でチェックでき、実行数は1万5000回/月。ビジネスで使えるように、組織のポリシー設定も可能。また、Office 365 Business Premium以上のユーザーやDynamics 365ユーザーなどは、Flowの独自プランや有料プランを利用できることもあるので確認してみよう。

 連携サービス数で言えば、「Zapier」が多く、次いで「IFTTT」。「Flow」は増加傾向にあるがまだ171個と少な目。しかも、「Flow」はある程度なら無料で利用できるが、ヘビーに使おうとすると有料プランが欲しくなる。

 「Flow」のウリはまず日本語に対応している点。このおかげでずいぶんハードルが低くなっている。また、当たり前だが、マイクロソフトのサービスをがっつりサポートしている。Office 365メールを利用したテンプレートが多数用意されているのも頷ける。

 UIがこなれており、マイクロソフトの本気度を感じる。今はあまりアピールしていないので認知度が低いが、今後対応サービスが増えていけば、将来はキラーコンテンツになりそうだ。

262
ヘビーに使うなら、月5ドルの「Flow プラン1」がオススメ

筆者紹介─柳谷智宣

柳谷さん顔写真

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。