性教育に反対する人たちが
理由を明確に話せないのはなぜか

「小学校の頃から、性は恥ずかしいことでもエロいことでもなく、生きることと切り離せない大切なことだと学ぶことが『ポジティブな性教育』ではないでしょうか。私は、現在足立区の中学校で先生方と協力して性教育の授業づくりをしているのですが、最初ニヤニヤしていた生徒も、科学的な根拠に基づいて真面目に教えることで、表情が真剣になっていく様子を目の当たりにしました。性にまつわるさまざまなことを、はぐらかさずに正面から教えようとする教師への信頼が高まるということも感じました」

 “性をいやらしいと考えている大人”や、“性と真正面から向き合わない大人”は、極めて個人的な感覚に端を発するタブー意識を拠りどころに、性を捉えているのではないか。田代教授はある政治家の印象的な国会答弁に言及する。

 05年、自民党の山谷えり子議員が、大阪府吹田市の公立小学校で使用していた、男女の性器の名称を書いて受精のしくみを図解した性教育の副読本を問題視し、小泉純一郎首相(当時)に問うたところ、「これはちょっとひどいですね。(中略)性教育は我々の年代では教えてもらったことはありませんが、知らないうちに自然に一通りのことを覚えちゃうんですね」と答弁した一件だ。

「首相の答弁の後、国会は下ネタを笑うような“陰湿な笑い”に包まれます。しかし、戦前戦後世代の大人は性教育を受けていないこともあり、ある意味仕方のないことなのかもしれません。ただ、性教育のグローバルスタンダードは、人権を基盤に、ジェンダー平等と多様性を前提とする方向にあり、そしてそれは日本よりはるか先を行っています。こうした動向については政治家や教育者であれば、しっかりと理解しておくべき事柄ではないでしょうか」