JOJO L-02K…… ぼくの名前はJOJO L-02Kです

 「ジョジョの奇妙な冒険」(以下、ジョジョ)30周年記念スペシャルモデルのスマートフォン、「JOJO L-02K」を触りました。

JOJO

 ジョジョとドコモのコラボは、2012年8月に発売された「JOJO L-06D」に続く第2弾です。第1弾モデルは描き下ろしのオリジナル壁紙やアイコン、原作にも登場したゲーム「F-MEGA」などが用意されており、その作り込みぶりでジョジョファンを「OH! MY! GOD!」とうならせました。

スマホ
ジョジョスマホ第1弾「L-06D JOJO」

 ではJOJO L-02Kはどうでしょうか? 多くのファンにとって気になるのは、どれぐらいジョジョの要素があるのか、愛が感じられるのか、ということでしょう。別に端末にケチをつけたいわけではなく、「納得」したいだけです。「JOJOエディター」は本当に使えるのか? 「SBRトラッカー」とは何物なのか? 「納得」は全てに優先します。

 まずは基本的なスペックの話から。ベースとなるのは、冬モデルとして発表されたLG製「V30+ L-01K」(1月下旬発売)。18:9の有機ELディスプレー、Snapdragon 835、4GBメモリー、128GBストレージ、16.5+13.1メガのデュアルカメラ(イン5.1メガ)、3060mAhバッテリー、Android 8.0といったハイエンド端末。

JOJO
JOJO

 一番のポイントはカメラのデュアルレンズで、光が透過しやすいガラス製のクリスタルクリアレンズを採用し、F値1.6と暗所にも強くなっています。また、デュアルレンズの内訳は、標準レンズと120度の広角レンズという、他社のカメラとはまた違った構成。インカメラも標準と広角を切り替えられるのが強みなので、振り向いてはならない小道で後ろを見たいときも安心です。

JOJO
JOJO

 オーディオ面でも、デンマークのオーディオブランド「Bang&Olufsen」によるチューニングとノイズ低減技術により、ハイレゾ音源も映画やミュージックビデオも高音質で楽しめるとしています。

 それでは、次のページからは“JOJOらしさ”を見ていきましょう。

見た目がやっぱりカッコよくて……美しいよなあ〜っ

a
メイン壁紙は第5部デザイン

 JOJO L-02Kが「ジョジョスマホ」たるゆえん、まずは外観にあります。この端末のために描き下ろされた壁紙はもちろん、端末のデザイン、カラー(JOJO White)にいたるまで原作者・荒木飛呂彦氏による監修です。

 とくに背面は、「ゴールド・エクスペリエンス」モチーフのロゴが渋い! docomoロゴはカメラと指紋センサーの間に移動させているあたりも、デザイン面で抜かりがありません。

 もちろんホーム画面も徹底しています。「JOJOホーム」は画面をめくるたびに異なる壁紙が表示され、ピンチアウト操作でアイコンが消えてイラストだけを鑑賞できるなど、画集のようなホームアプリになっていますよ。

a
JOJOホームはAndroidのホーム画面でありながら……
a
ピンチアウトするとアイコンが消え、荒木先生の美麗イラストを堪能できます

 ウィジェットがジョジョ仕様になっているのは、ジョジョスマホ第1弾JOJO L-06Dゆずりの特徴。たとえば「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」が電池残量を教えてくれたり、マチキャラが「セックス・ピストルズ」だったりと、芸が細かいです。

 作中に登場する様々な天候をモチーフにした天気予報なども、地味ながらニクい仕上がり。また、作中に登場する名言や固有名詞に対応した専用の予測変換辞書も、もちろん搭載しています。

a
天気のイラストもジョジョ仕様
a
再起動画面さえも抜かりなし。もうここまでくると誉めるしかないね

このテーマ、相性が良すぎる!
今まで出会ったどのスマホよりも!

 また、テーマは第1部「ファントムブラッド」から第8部「ジョジョリオン」までの8テーマに、歴代のジョジョたちが登場する「オールスター」と、ラスボスと主人公が登場する「ブラック&ホワイト」の全10種類のデザインから選べます。壁紙やアイコンが一括切替「可」能。

a
a
やっぱり第4部が好きだという人からストーンオーシャンこそ至高! という人まできっと満足
a
a
テーマを変えると壁紙だけではなく、アイコンもテーマに合わせたイラストになります。やる気と希望がムンムンわいてくるじゃあねーか
a
第5部が好きな筆者としてはこの壁紙がベネ(よし)

 ジョジョといえば「ゴゴゴ」「ドドド」「メメタァ」などの独創的な擬音も特徴ですが、通知音や操作音の代わりに画面上にジョジョならではの“擬音”を表示する「擬音モード」もおもしろい。マナーモード中に通知があると、作中の描き文字が表示されます。

a
マナーモード中に通知があると、なんと画面に「擬音」が表示されるぞッ! 康一くんもビックリしそう

ジョジョのコマやセリフをいじれるなんて
「まさか」って感じだがグッときたぜ

 JOJO L-02Kの特徴の一つに、ジョジョの第1部〜第8部の全エピソードの中から厳選した“名シーン”の数々が画像としてプリインストールされていることがあります。LINEのスタンプのように、友人とのコミュニケーションにジョジョの画像が使えるわけですね。

 デフォルトだけではコミュニケーションに足りない! と飢えなきゃ勝てない思考の人には、「JOJOエディター」があります。名シーンの文字を書き換えたり、画像とセリフを組み合わせて、オリジナルのコマを制作する、なんともぜいたくな機能。

a
公式の改変機能とでもいうべき「JOJOエディター」
a
a
名シーンの台詞の一部をエディット可能! えらいネェ〜
a
作った画像はSNSに投稿したりメールで送ったりできる。グッド なかなかおもしろい機能だ……

 たとえば遊びに誘ったり原稿を催促したりというときも、ただ文章を送るだけでは味気ないものです。そこでJOJOエディターで思わず読んでもらえるような画像を作り、あわせて送れば効果は絶大。「読んでもらう」ただそれだけのためだ、単純なただひとつの理由だがそれ以外はどうでもいいのだ!

「スタンド使い」は「スタンド使い」と
いずれひかれ合う

 ジョジョシリーズおなじみの「スタンド」が出てくる機能も当然あります。まず、スマートフォンの画面を通してスタンドが現れ、AR撮影が可能な「スタンドカメラ」を搭載。作中に登場する様々な画像や擬音を組み合わせて更に写真を加工することも可能です。

a
a
スタンドカメラを使うと世代を超えた「スタンド」も月までブッ飛ぶ衝撃的な写真も撮れるが、使いすぎには注意

 音楽プレイヤーも容赦せん! 停止操作で「スタープラチナ・ザ・ワールド」、戻す操作に合わせて「バイツァ・ダスト」が発動するなど、さまざまなスタンドが競演するスタイリッシュな音楽プレーヤー「JOJOプレイヤー」があります。スタンドの元ネタになったバンドやアーティストをこのプレイヤーで楽しむと最高に「ハイ!」になれますのでぜひ。

a
一時停止するとスタープラチナ・ザ・ワールドが登場して「時は止まる」というわけ。なお、時間をきっかり6秒戻せるボタンはありませんでした

ようこそ……「運動の世界」へ……

 スマホではすっかりおなじみになった、健康管理系のアプリもジョジョスマホならではの工夫が。「SBRトラッカー」は実際に歩いた歩数に応じて「スティール・ボール・ラン レース」のコースを仮想的に踏破できる歩数計連動アプリ。

 特性の異なる騎手の選択や(キャラクターによって1日の目標値が違います)、距離やステージに応じて発生するイベントを活用してゴールを目指します。

a
a
スティール・ボール・ラン レースに登録して北アメリカ大陸を横断しよう
a
a
歩数の目標は作中の登場人物にちなんだもの。ちなみにサンドマンを選ぶと目標は1日5万歩! できるわけがないッ!

 いわゆる歩数計アプリではあるのですが、目標の設定やUIをジョジョの世界観に寄せることで、ただ運動するだけではなく、作中の人物の気分で歩数を増やそうという気持ちになれるのがうれしい。また、SBRトラッカーを利用しているプレーヤー同士がすれ違うと、イベントが発生することもあるようです。

おどろいたことがたくさんあったが…… でも楽しかったよ
いろんな機能があったからこのスマホは楽しかった

 JOJO L-02Kはもともとハイエンド端末がベースになっているので、スペックで不満を感じることはなかなかないでしょう。その上で、JOJOエディターやSBRトラッカーなど、コミュニケーションツールの機能や、スマホでおなじみとなった健康管理系のアプリを強化することで、ファンにとってはじつに実用性の高いスマホになっていると感じました。

 一方で、ジョジョスマホ第1弾L-06D JOJOには第1部と第2部が収録されていたのですが、今回はなし。電子書籍が6年前よりも普及したこともありますから、ユーザーがスマホでジョジョを始めとするコンテンツを楽しみたいときは、好きなサービスを選んでね、という配慮なのかもしれません。

 制作陣の覚悟が! 「言葉」ではなく「心」で理解できたッ! というわけでジョジョファンならぜひ手に取ってほしいスマホです。なお、1万台限定で、ドコモオンラインショップでの販売価格は12万5712円(税込)。覚悟はいいか? オレはできてる。

■関連サイト