私が初めてオーケーの店舗を訪れたとき、その安さに驚き多くの商品を購入したことを覚えています。割安感は高揚感を与えることにつながります。「高品質・EDLP」を追求することで買い物の楽しさをお客さまに提供していきたいと考えています。

神奈川県で物流センターを稼働
ドライ商品の配送を効率化

──19年3月期は、物流センターの稼働を予定しています。

 神奈川県寒川町で取得した約3万坪の土地を利用し、19年2月、大型物流センターの稼働を予定しています。

 店舗数が遂に100店を超える中、物流の効率化を進める必要があると考え、物流センターの開設に至りました。同センターの開設に当たっては、社内に「物流部」を立ち上げ、物流網の整備に多くの人員を投入しています。

 同センターでは、主にドライ商品の店舗への配送を行います。ドライ商品はこれまで、取引先の卸売業者らが各店舗へ配送していました。今後は、メーカー各社から同センターに納品し、そこから同センターで仕分けした後、各店舗に配送します。そうすることで、各店舗へ計画的に商品を納品し、店舗作業を軽減するほか、店舗で抱える在庫量を減らし、その分、売場を広く確保できるようにします。

 同センターだけで、全ての店舗をカバーすることはできないので、もう1ヵ所、物流センターを稼働する準備を進めています。二つのドライ商品の拠点に加え、将来的には、ドライ商品以外のチルドや、冷凍商品の配送網の整備も進めます。物流の効率化を図ることでコストを削減し、さらなる「高品質・EDLP」の実現をめざします。