鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!
なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。
そんな会社をご存じだろうか?
その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。
今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。
その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。
京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。
「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」
とても鉄工所に思えない。
以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。
そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。
しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。
この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。
発売たちまち大反響となっている、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』を刊行した山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?
社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。
(構成:寺田庸二)

移動先でも、機械の状況が
わかるしくみ

 一般的な工場では、社員は「作業員」や「職人」と呼ばれますが、当社では「プログラマー」と呼ばれています。

 プログラマーが、昼間に加工手順を機械に命令するプログラムを設定し、機械に材料をセット。機械は24時間、無人で動き続けます。

 プログラマーは、クライアントからの平面図面(2D)を立体的な図面(3D)に変換。ノウハウはすべて数値化されているので、ゲーム感覚でどの刃物を使ってどの面を加工するかをタッチ(指定)すればいいのです。

 その刃物の最適な加工条件(回転数やスピードなど)はあらかじめ設定されているので、加工条件をまったく知らない入社半年の新人社員でもプログラムが組める。
 最低2週間あれば、文系出身でも簡単なプログラムを組めるようになります。

 プログラムが終了したら、加工開始前にコンピュータ内のシミュレーションソフトで安全確認を行い、不具合や改良点を探します。

 機械内部が忠実に再現されているため、プログラムに不具合があって刃物と機械や構造物がぶつかった場合は「エラー」と表示されます。

 エラーの表示がゼロならば、安全なプログラムと言えます。
 後は機械を動かすだけです。

 当社には、パレット40面にツール240本を備えた最新の機械があり、稼働状況は移動先からも確認できます。

 通常の町工場では、加工機の前に人が張りつくため、機械の色は目にやさしいとされる「緑」や「青」などでしょう。

 しかし、ヒルトップは違います。

 無人加工のため、何色でもいい。

 だから、製造業の暗いイメージを払拭しようと、コーポレートカラーの「ピンク色」にしたのです。