鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!
なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。
そんな会社をご存じだろうか?
その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。
今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。
その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。
京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。
「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」
とても鉄工所に思えない。
以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。
そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。
しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。
この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。
今回、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』が発売たちまち第3刷となり、8/4に朝日新聞にも書評が掲載された山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?
社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。
(構成:寺田庸二)

「社員食堂ビジネス」でホームラン

 ヒルトップの社員食堂は、自主運営ではありません。
 外部の食堂業者(株式会社都給食)に委託しています。
 新社屋を建設するとき、社員はまだ36人でした。

 でも私は、「100人以上の社員が一度に利用できる社員食堂」をつくろうとした。
 社員食堂こそが、社員を活性化し、会社を大きく変えると確信していたからです。

 そして、社員食堂の運営を、私の大学の後輩である都給食の西島週三社長に託そうと考えました。

 西島社長に「たったの36人なんだけど、社員食堂をやってくれ」と頼んだところ、彼は首を横に振ってこう反論されました。

いつもにぎやかな社員食堂

「36人では少なすぎます。200人くらいの規模でないと、採算が取れない。
 それにうちは給食業者です。社員食堂はやったことがない

 頭にきた私が、

「おまえ、今までいろいろと相談に乗ってやったのに、オレに恩はないのか」

 と詰め寄ると、

「先輩にはものすごく恩があるんやけど、この人数では絶対に無理です」

 と頑なに断ってきました。

 私も負けずに反論しました。

「おまえ、いつかは社員食堂の市場に出たいと言うてたやないか。よく考えてみろ。
 社員食堂の運営をしたことがないおまえに、いきなり大口の取引がくると思うか?
 オレは思わない。だったら、たった36人やけど、まずはヒルトップで結果を出せばいい。
 そして、その実績を売り込めばいい。
 ダムウェーター(荷物を運搬するための小型エレベータ)でもなんでも、必要な設備は全部こちらで用意する。だから安心して、力をふるってほしい」

 私に押し切られる形で、西島社長は、渋々引き受けることになりました。
 さて、その後どうなったと思いますか?