ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「電話は75年、ポケモンGOは19日」
このスピードの変化に目を向けよ

――HP.inc シンガポールイベントレポート

大河原克行
【第176回】 2018年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage
HP.inc Asia Pacific and JapanのRajiv Srivastava COO

 だが、HP.inc Asia Pacific and JapanのRajiv Srivastava COOは、「まだ、体験型の時代が訪れていることや、それにあわせて経営のやり方や、企業文化を変えなくてはならないことに気がついている企業経営者は少ない。多く見積もっても半数以下だろう」と指摘する。

 続けて、「企業のライフサイクルが短くなっており、15年以上、企業が存続することさえも難しくなっている。体験型の時代に生き残る唯一の方法は、企業の外で、なにが起きているのかを、しっかりと把握することである。それは、消費者の行動そのものである。メガトレンドを捉え、どんなニーズ、どんな購買動向に変化しているのかを理解し、企業として、それにどう対応するかを迅速に判断することが、生存するための要素になる」と語る。

 そして、「経営者や役員だけでなく、データサイエンティストや現場のリーダーもそれを理解して、体験型の時代にあわせた体質を、企業文化として定着させなくてはならない」とも述べた。

 体験型の時代は、これまでの経営手法や企業文化を変える必要があるというのが、今回のイベントを通じて、同社が発信したメッセージであった。

あらゆる業種でテクノロジーがパワーになる 

 基調講演のなかで、HP inc.HP Tech Ventures グローバルヘッドのAndrew Bolwell氏は、体験型の時代を形づくることになる、いま起きているメガトレンドについて説明した。

 それは、加速する都市化や、人口増大や世代の劇的な変化、すべてがつながるハイパーグローバリゼーションの到来、そして、より安く、より速く、よりパワフルで、よりアクセスしやすい環境の実現などといった要素である。

 「電話が5000万人に普及するのに75年かかったが、ポケモンGOはわずか19日で達成した。いまは、そうした時代であることを認識しなくてはならない」と前置きし、「かつては、テクノロジーの企業だけが、テクノロジーにフォーカスしていればよかったが、いまは、金融、小売、教育、医療といったどんな業界のどんな企業においても、テクノロジーがパワーになる時代が訪れている。これが、体験型の時代の姿である。メガトレンドをベースに、製品やサービスを、いかにデザインをしていくかがますます大切になる。

 HPは、こうしたメガトレンドを捉えながら、AI、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、量子コンピュータといった技術を、製品やサービスのなかに組み込んでいくことになる。体験型の時代における変革を支援するために、HPは製品ポートフォリオを強化していくことになる。企業は、HPの製品やソリューションを活用することで、ディスラプションに自信を持ってもらい、果敢にイノベーションに乗り出すことができる」などと述べた。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大河原克行


IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧