それぞれのサービスは
強みがあり共存する

――定額制の動画配信事業者はhuluやAmazonプライムビデオ、日本の民放系のサービスも続々とスタートしています。会員獲得競争が繰り広げられるのではないかと思います。なぜ、それほど好調に会員を獲得できたのでしょうか。

 いろいろな理由があると思います。ただ、今のご質問に対して私たちの認識と違うところがあって、日本の視聴者はネットフリックスを契約したから映画館に行くのをやめたり、dTVをやめたり、民放のドラマやバラエティを見なくなったり、ツタヤさんなどのDVDレンタルをしなくなったりすることはないんです。これはデータを分析してもそういう姿は明らかに見えてきます。それぞれのサービスの強みがあって、それらは共存するんですよね。誰かが勝ったら、誰かが負けるっていうものでは、どうやらないんです。

 理由の一つは、先ほども言ったように映像コンテンツをいろいろなデバイスで、いろいろな方法で楽しむということが、少しずつ日本で広がってきたこと。もう一つは、作品が非常に増えたことです。

 私たちは作品群のことをライブラリーと呼んでいるんですが、オリジナル作品やライセンス作品、アニメなど充実しました。お客様は見るものがたくさんあって、満足いただけたということが大きいです。

――確かに、私はhuluもAmazonプライムビデオもネットフリックスも契約していますが、どれかに絞るということは考えていません…。

 例えば、友達が「あの作品、ネットフリックスにあって良かったよ」って聞いたら、うちで見る。逆に他のプラットフォームで評判が良い作品も見に行く。どこか一つに絞らずに、いろいろなプラットフォームでコンテンツを楽しむ人が多いんです。これはサブスクリプション型の動画視聴サービスを利用する人たちの特徴ですね。