1970年大阪万博の大成功は
鉄道輸送の功績でもあった

 前述の「2025年国際博覧会検討会」は、万博輸送に加えてIR関連の車両が加わることで夢舞大橋、夢咲トンネルの渋滞問題が発生し、シャトルバスの運行が滞る懸念を指摘している。万博誘致委員会は「来場者2800万人は堅い数字」と強気の姿勢を示すが、大阪府にとっては人が来ても来なくても苦しいところだ。万博とIRの一挙両得を狙った招致作戦が裏目に出る可能性も否定できないだろう。

 1970年大阪万博の際は、アクセス路線として地下鉄御堂筋線の延伸区間である北大阪急行電鉄南北線と、千里中央から分岐して「万国博中央口駅」まで結ぶ臨時の会場線3.6kmを2年弱で建設している。梅田、新大阪と会場を直結する利便性が評価され、多くの人が北大阪急行経由で万博に訪れた。1970年大阪万博の来場者が想定の5000万人を大きく超える6400万人まで伸びたのも、交通アクセスの功績が小さくないはずだ。

 北大阪急行は万博終了後の経営が不安視されていたが、万博輸送の運輸収入が想定以上になったことと、終了後に千里ニュータウンの開発が進んだことで、今でも初乗り運賃100円の優良経営を続けている。

 しかし、2025年の大阪万博は、現状の計画を見る限り、アクセスに難を抱えていると言わざるを得ない。輝かしい高度成長時代をどれだけ模倣しようにも、鉄道整備ばかりは「夢よもう一度」とはいかないようで、大きなボトルネックになる恐れがある。