個人的に高額年俸を得ている
経営陣はどこの会社の誰か?

 すべてが現金による支給とは限らないが、個人的に高額年俸を得ている経営陣を見ておこう。高額年俸の経営陣が目立つのは、ソニーとソフトバンクグループだ。

 ソニーの平井一夫会長は、16年度9億1400万円が17年度は27億1300万円。ほぼ3倍増だ。同社の吉田憲一郎社長は、4億3400万円から8億9800万円と倍増である。

 ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長は約4億円のダウンの20億1500万円、宮内謙取締役は2億5000万円のアップの8億6800万円。マルセロ・クラウレ(13億8200万円)とラジーブ・ミスラ(12億3400万円)の両副社長は、17年度初登場である。

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は10億4800万円から12億1700万円へ増額。トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は、6億8300万円から10億2600万円へアップである。

 ブリヂストンのエデュアルド・ミナルディ氏はすでに副社長を退任。LIXILグループの瀬戸欣哉社長も19年春に退任予定だ。

 セブン&アイHDの社内取締役の高額年俸も目立つ。米国セブン-イレブンを率いる経営トップのジョセフ・マイケル・デピント氏の17年度年俸は24億300万円(16年度18億円9500万円)。参考までに鈴木敏文元会長は退任時に11億3200万円(16年度)だった。

 対照的に1億円プレーヤーが存在しないのがイオンだ。ただし、岡田元也執行役社長は有価証券報告書における開示基準の1億円に届いていないが、個人年俸を開示。16年度6800万円、17年度9500万円である。