ホルモン焼き
写真はイメージです Photo:PIXTA

30年変わらない
焼肉を食べるならスタミナ苑が日本一

『行列日本一 スタミナ苑の 繁盛哲学』書影
『行列日本一 スタミナ苑の 繁盛哲学』 豊島雅信著 ワニブックス刊 1300円(税込)

 もうかれこれ30年くらい前になるだろうか、料理評論家の山本益博さんが食のコラムに、「日本一美味い焼肉屋を見つけた!」と、スタミナ苑のことを書いていた。

 こう言われて行かない訳には行かないだろうということで、当時まだ大企業に勤めるサラリーマンだった私は、肉好きの後輩を連れ立って行ってみた。

 その時の衝撃は今でも忘れられない。カルビ、ロースなどの特上の肉から、レバー、ギアラといった新鮮なホルモンの数々。間違いなくこれは日本一だと思った。一緒に行った後輩も大興奮だった。

 昔から焼肉は好きだったが、どちらかと言うと焼肉屋というのは安かろう悪かろうで、腹を空かせた若者が食べ放題の店に行くイメージだった。本当に美味しい肉は、銀座辺りの一流ステーキハウスで食べるものだという先入観もあった。