ハイスペックなAndroid Oneが登場!

 今回レビューするスマホはY!mobileからリリースされている「Android One X5」だ。Android Oneとは、発売から24ヵ月間に1回以上のOSアップデートを保証し、セキュリティーアップデートは毎月行なわれるというAndroidスマートフォン。Googleブランドで発売され、AndroidのシンプルなUIで、標準アプリだけをプリインストールするという、わかりやすさもセールスポイントとしている。

X5

 日本ではY!mobileだけが取り扱い、ミドルクラスのモデルが中心だったのだが、Android One X5はLGエレクトロニクス製で、Snapdragon 835(MSM8988)を搭載するハイエンドモデルだ。

 Android One X5の一括払い価格は8万3484円。結構な価格ではあるが、2年間の月額割引(月額1512円)が適用され、さらに1年間は「ワンキュッパ割」(月額1080円)もあるので、実質負担金は3万4236円。Y!mobileは3大キャリアよりも料金が安いこともあり、毎月のランニングコストは比較的安く抑えられるはずだ。

大画面ながら、持ちやすいサイズ感

 Android One X5の画面サイズは6.1型。アスペクト比は19.5:9で、解像度は3120×1440ドット。他メーカー製品も含め、現在購入できるスマホの中でもトップクラスの高精細ディスプレーといっていいだろう。実際に、ディスプレーの描写力は高く、写真を表示した際には細部までキレイに見えて、ウェブページや地図上の小さな文字もクッキリと表示される。

X5
サイズは約72×153×7.9mmで、重さは約158g。片手で楽につかめるサイズ感だ

 ディスプレーの上部は、昨今のトレンドであるノッチ(切り欠き)があり、そこにインカメラと受話口を搭載。左右のベゼルは2mmほどあるのだが、ボディー幅は約72mmに抑えて、持ちやすいサイズ感を実現している。

 カラーバリエーションはニューモロッカンブルーとミステックホワイトの2色から選べる。筆者が試用したのはニューモロッカンブルーだが、背面パネルは微細な研磨が施されて、落ち着いた光沢を放つ。サラサラとした手触りが心地よく、指紋も付着しにくい。手にしただけでハイエンドモデルであることを、すぐに実感できる仕上がりだ。

X5
ニューモロッカンブルーの背面
X5
ミステックホワイトの背面

 背面には約1600万画素のカメラと、指紋センサーを搭載。電源ボタンは右側、音量ボタンは左側という配置で、底部にはType-CのUSBポートのほか、独立したイヤフォンジャックも備えている。

X5
指紋センサーは人差し指が触れやすい位置にある。なお、顔認証には非対応
X5
電源ボタンは本体右側に搭載
X5
本体左側には音量ボタンとGoogleアシスタントボタン
X5
底部にはUSB Type-Cポートと35mm穴のイヤホンジャック
X5
SIMスロットには、nanoSIMとmicroSDカード(最大512GB)をセットできる

Googleアシスタントボタンは便利なのか?

 Android One X5の大きな特徴となっているのが、本体右側に搭載されたGoogleアシスタントボタンだ。これを1回押すと、Googleの音声エージェント「Googleアシスタント」が起動する。また、カチカチと2回続けて押すと、画像検索「Googleレンズ」が起動する。

X5
左側面の中央にGoogleアシスタントボタンを搭載
X5
1回押すだけでGoogleアシスタントが起動する
X5
Googleレンズを起動すると、素早く花の名前を調べたりできる
X5
気になるお店の評価もチェックできる

 GoogleアシスタントやGoogleレンズをよく使う人には便利な機能に思える。しかし、実際に使ってみると、従来通り、ホームボタンの長押しでも素早くできるので、Googleアシスタントキーは必ずしも必要ないかなぁという印象。「OK Google」という声での呼び出しに慣れている人は、それを使えばいいだろう。

 Googleアシスタントは本体のロックを解除しないと起動できない。なので、まず指紋センサーに指をあててロックを解除しないといけない。むしろ、指紋センサーのダブルタップでGoogleアシスタントが起動できたりすれば便利かも……と感じた。

 Googleアシスタントキーには、キーを押し続けている間、音声入力ができる機能がある。これは、道順を調べたり、条件を絞り込んでお店を探したりしたいときに役立つと思えた。

X5
目的地までの道順を調べたりするときには重宝

AIの働きを実感できるカメラ

 アウトカメラは約1600万画素、インカメラが約800万画素。どちらもシングルレンズだが、手ブレ補正に対応し、AI(人工知能)にも対応している。

 AIカメラはフレーム内の被写体を認識して、撮影シーンに合わせて9つのカテゴリーから最適なモードが自動で選択される。フレーム内の主要被写体だけでなく、複数の物を認識する仕組みで、認識された物の名前が画面に表示され、AIが機能していることが実感できる演出になっている。

X5
「AIカメラ」で撮影すると、カメラが認識した被写体情報が「道」「都市広場」「アパート」などと表示され、最適なカテゴリー(この写真では「街」)に設定される。ただし、被写体の認識結果は完璧ではなく、えっ? と思うような結果が表示されることも……
X5
アウトカメラで景色を撮った作例
X5
アウトカメラで花を撮った作例。自然な背景ボケが得られる
X5
アウトカメラで食べ物を撮った作例

 暗いシーンを明るく撮れる「スーパーブライトモード」も便利だ。このモードは、暗い場所で自動的に起動するが、手動でも設定できる。おそらく感度が上がる仕組みだろうが、画質はそんなに粗くならないので、積極的に活用できそうだ。

X5
暗所での撮影時には、月のアイコンが表示される。これをタップすると、スーパーブライトモードがオンになる
追加
通常モード(スーパーブライトモードをオフ)で撮影
追加
スーパーブライトモードをオンにして撮影

 インカメラは、背景をぼかしてセルフィーが撮れることが魅力。「ポートレート」モードを選択すると、スライダーをなぞるだけで好みのボケを調整できる。ただし、撮影後のボケ調整には対応していない。

X5
インカメラでポートレートモードに設定すると、背景を10段階でぼかせる

触れて良さを実感できたら
買って損なし!

 OSはAndroid 9で、画面の下に小さなバー状のホームボタンが表示され、それを上方向にスワイプするとアプリ一覧、スワイプした指を途中で止めたままにするとマルチタスク画面に切り替わる。要するに、ベーシックなAndroid 9のホームだ。初めて使う人は操作に迷うことがあるかもしれないが、すぐに慣れるだろう。

X5
ホーム画面
X5
アプリ一覧画面
X5
ホームボタンを上方向にスワイプして、画面中央あたりで止めると、アプリを切り替えたり、終了させたりできる画面に
X5
クイック設定パネル

 先にも述べたがCPUは、クアルコムのSnapdragon 835 (MSM8988)で、最大2.45GHzのオクタコア。RAMは4GB、ROMは32GBという構成。最大512GBのmicroSDカードでストレージを拡張することもできる。ストレスなく操作でき、「AnTuTu Benchmark」アプリでの測定結果も20万点を超える高スコアを記録した。

X5
Snapdragon 835搭載モデルとして相応の20万点を超える高スコアをマーク

 バッテリー容量は3000mAhで、防水・防塵に対応。おサイフケータイに対応し、Google Payも使える。このあたりの仕様は、MVNOではなくMNOが取り扱うアドバンテージといえるだろう。

X5
おサイフケータイにも対応

 Android One X5はメーカーブランドを冠さないため、やや地味に思えるかもしれないが、実はハイエンドで、ボディーそのものにもクオリティーの高さが感じられる。店頭で触れてみて「いいね!」と思えるなら、即決して後悔しないモデルだと思う。