OPPOは2月23日、スペイン・バルセロナで2月25日に開幕するMWC19に先立ち、「GET CLOSER OPPO INNOVATION EVET 2019」と題したプレスカンファレンスを開催。スマートフォンの最新モデルの発表はなかったが、「ロスレス10倍ズーム」と「5Gへの対応」について、2つのアナウンスがあった。

11
トリプルカメラだが、10倍の望遠レンズだけ四角いモジュールになっている

レンズの複雑な組み合わせで7mmを切る薄さの中に
10倍ズームの仕組みが作られている

 「ロスレス10倍ズーム」は、実はすでに1月21日に北京で行なわれた「2019 Future Technology Communication Conference」で発表されているが、今回あらためて解説。3つのカメラの組み合わせで成り立っており、1つ目は標準カメラ、2つ目は120度広角、そして3つ目が10倍望遠で、広角側16mmから望遠側160mmまでの撮影に対応している。

11
3つのカメラを組み合わせて10倍の望遠を実現
11
16mmと160mmでの撮影の作例
11
広角から望遠で10倍

 望遠レンズはプリズムを使って光の取り込みを行なう「ペリスコープ(潜望鏡)」のようなレンズの配置になっており、さらに「D-Cut」と呼ばれる加工がされたレンズにより、6.76mmの厚さにおさめられ、一般的なスマートフォンの厚さでも10倍ズームを実現している。

11
プリズムで光を曲げるペリスコープスタイル
11
望遠ながら6.67mmに厚さが抑えられる
11
また標準と10倍望遠には光学式の手ぶれ補正も備えている

 プレゼン内では、このカメラシステムを搭載したスマートフォンを2019年第2四半期にリリースすることもアナウンスされた。プレスカンファレンス終了後には、トリプルカメラを搭載したテスト機も展示。10倍ズームのテスト撮影もできた。

11
トリプルカメラ搭載スマートフォンは今年の4月から6月に登場予定

 短い時間だが、実際に撮影してみた感想としては、まだまだチューニングが必要な感じだった。特に望遠側の最短撮影距離がかなり遠く、近い被写体にはピントが合わないことが多かった。OPPOはMWC期間中に「ロスレス10倍ズーム」の説明会も予定しているので、さらに詳しい情報が聞ければあらためて紹介したい。

11
トリプルカメラを搭載したテスト機
11
OPPO R11sをベースにしているようだ
11
テスト機なのでカメラアプリも撮影機能だけに限定されている
11
広角側の等倍表示
11
10倍まで拡大

クアルコムのトップも登場して5Gスマホをアピール
オーストラリアやスイスのキャリアも

 「5Gへの対応」については、具体的な発売日や価格のアナウンスはなかったものの、クアルコムのSnapdragon 855とSnapdragon X50を搭載した5G対応スマートフォンを発表した。ちなみに壇上ではOPPOのVPであるAnyi Jiang氏が5Gスマートフォンをチラ見せしたが、ハンズオンブースでの展示はなし。MWCの本会場では展示されていることを期待したい。

11
5G対応スマートフォンのチラ見せするOPPOのAnyi Jiang氏。一瞬だったので撮影に失敗してしまった……

 イベントにはクアルコムのCristiano Amon社長も登壇。5Gスマートフォンの発売のため、両社が緊密に協力して開発を進めたと話した。さらに海外キャリアのOptus(オーストラリア)、Singtel(シンガポール)、Swisscom(スイス)、Telstra(オーストラリア)の関係者も登壇。各国のキャリアでOPPOの5G対応スマートフォンが投入されることとなりそうだ。

11
クアルコム Cristiano Amon社長
11
4キャリアの関係者が登壇し「5G Landing Project」を宣言

 両端末とも実際のリリースの段階で、どのような製品になるかはまだ未知数。日本での投入も未確認ではあるが、OPPOの今後の戦略に注目したい。