201903samsung
MWC19会場でGalaxy S10+のセルフィーを試しました

「Galaxy S10+」でセルフィーをお試し
サムスンブースには新スマホ「Galaxy S10 5G」も

 サムスンは2月20日にサンフランシスコでフォルダブルスマートフォン「Galaxy Fold」を発表しましたが、その発表会では実機の展示はありませんでした。MWC19のサムスンブースならGalaxy Foldがあるかもと思ってブースを取材してみたのですが、ロープの貼られたエリアのガラスのショーケースの中に展示されているだけで、触ることはできませんでした。

201903samsung
Galaxy Foldが展示されているのですが、触ることはできません

 サムスンブースのすぐ横にはファーウェイブースもありましたが、ファーウェイのフォルダブルスマートフォン「HUAWEI Mate X」も同じようにショーケースの中での展示だけでした。どちらも話題の製品なので、実機に触れられると思って来場した人たちは少しがっかりしたかもしれません。

201903samsung
開いた状態でデモ映像が流れていました
201903samsung
裏側を見ることもできますが、細かいディテールは不明です

 Galaxy Foldに触ることはできませんでしたが、ブースには「Galaxy S10シリーズ」の3製品が数多く展示されていました。「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」の3つを並べて展示し、それぞれを比較することも可能でした。

201903samsung
Galaxy S10シリーズ3モデルを並べています
201903samsung
背面も比べられます。Galaxy S10eの黄色が目を引きます

 2月20日の発表会会場では展示されていなかったもう1つの新モデル、「Galaxy S10 5G」も展示されていました。ディスプレーは6.7型で、Galaxy S10+の6.4型よりさらに大きくなっていますが、本体の大きさは横幅が77.1mm、高さが162.6mm、幅が7.9mmと、片手で持って操作できます。

 サムスンブースには5Gの電波は飛んでいませんでしたが、隣にあるフランスの通信会社Orange(オレンジ)のブースでは5Gに接続され「5G」のアンテナマーク表示のある「Galaxy S10 5G」が展示されていました。

201903samsung
Galaxy S10 5Gは6.7型ディスプレーとさらに大きくなっています
201903samsung
Orange(オレンジ)のブースでは5Gの電波をつかんでいました

 さて、Galaxy S10シリーズはディスプレーにフロントカメラを埋め込んだ「Infinity-O Disyplay(インフィニティー・オー・ディスプレー)」が特徴のひとつです。しかもGalaxy S10+のフロントカメラは26mm(1000万画素)に加えて広角22mm(800万画素、深度測定兼用)のレンズが加わったことで、背景を含めたセルフィーや複数人でのグループセルフィーが簡単に撮影できるようになりました。

201903samsung
セルフィーステックを使わなくても、広角レンズのおかげで背景も入ります
201903samsung
同じ距離で標準レンズを使うと背景が入りません

 しかし、広角レンズを使った撮影で気になるのは、四隅の歪みです。広角レンズでグループセルフィーを撮った時に、端にいる人の顔が歪んでしまうのが今までの悩みでした。でもGalaxyならカメラの設定にある「自分撮りの輪郭を補正」の機能をオンにすれば、レンズの歪みを調整して、顔の輪郭の写りを直してくれます。

201903samsung
フロントの広角レンズ撮影には「自分撮りの輪郭を補正」設定があります

 Galaxyシリーズの特徴でもあるエッジディスプレーは両端が湾曲しているため、撮影した写真が歪んで見えてしまいがちです。そのため以前からこの「顔の輪郭を補正」する機能が搭載されていました。Galaxy S10+は今までGalaxyが培ってきた「顔の輪郭を補正」する技術を広角フロントレンズの補正に生かしているのです。

 さらに、設定で「撮影方法」の「手のひらを向ける」機能をオンにすれば、手のひらをカメラに向け2秒後に自動的に撮影できるセルフタイマーモードになります。このセルフタイマーを使うと、パンチホールカメラの輪郭を囲むように白い光が現れ、撮影するタイミングをライトの動きで知らせてくれます。

201903samsung
手をかざすとカメラの周りを光が走り出します
201903samsung
光がレンズの周りを動くので自然と視線が向きます

 意識しなくても自然に目線がカメラレンズに向くメリットもあります。この白い光がカメラレンズを囲むカウントダウン機能は、ほかのパンチボールカメラを搭載しているスマートフォンにはないGalaxy S10シリーズならではの機能です。そしてGalaxyシリーズならではの美肌モードは健在。美肌アプリを使わなくても、標準のカメラアプリでキレイにセルフィーを撮ることができます。

201903samsung
Galaxy S10+のセルフィーに大満足

 フロントカメラを使ったAR絵文字のバリエーションが増え、大きく進化しました。

201903samsung
AR絵文字も機能強化されています。詳細はまた試してみたいと思います

 GalaxyシリーズはDxOMarkのフロントカメラのテスト「DxOMark Selfie」で高い評価を得ています。ベスト10位の中に「Galaxy Note9」「Galaxy S9+」「Galaxy S8」と3機種も入っていますが、Galaxy S10+のテストも行えばたぶんベスト1になるかもしれません。Galaxy S10シリーズはセルフィー機能も有能なのです。