rakuten

MWC19に楽天のブースが登場 筆者撮影

 2月25日からバルセロナで開催された「MWC Barcelona 2019」において、新たに登場したのが楽天のブースです。

 10月に携帯キャリアサービスを開始する楽天は、将来的にはMVNOサービス「楽天モバイル」のユーザーも統合する予定です。その具体的な姿が徐々に明らかになってくる中で、新たなエンジニアが続々と集結する理由も分かってきました。

■「IT企業」が携帯キャリアに参入

 楽天の三木谷浩史社長は、MWC19の基調講演後、同社が語った携帯キャリアの中身について「誰もが半信半疑で、本当に動くのかと思ったのではないか。携帯業界のアポロ計画だ」と語っています。

rakuten
MWC19に登壇した楽天の三木谷浩史会長兼社長。海外では「Mickey Mikitani」として知られる

 その背景には「IT企業が携帯キャリアに参入する」という、世界的にも珍しい取り組みがあります。日本を含む世界の大手キャリアはインターネットにも進出しており、IT企業としての側面はあるものの、その根幹は携帯会社といえます。

 大きな転機になったのはスマホの普及です。独自仕様の端末や「iモード」のような独自ネットワークは廃れていき、LINEやYouTubeといったインターネットのサービスがモバイルでも使われるようになりました。

 同様に、携帯キャリアのインフラにおいても、高価な専用機器がソフトウェアに置き換えられ、インテルCPUを搭載したPCサーバーで構成された仮想化環境で動くようになりつつあります。これはIT企業が得意としてきた技術です。

 楽天はシスコなどの協力によって最新の手法を全面的に導入。携帯キャリアとしての機能をできる限りソフトウェア化するという挑戦に取り組んでいます。

rakuten
シスコの基調講演でも楽天の立ち上げるキャリアの先進性に触れた

 三木谷社長はソフトバンクが2018年12月に起こした長時間の通信障害を引き合いに出し、「楽天では起こらない」と語っています。仮に問題が起きても、即座にソフトウェアでアップデートして解決できるというニュアンスのようです。

 そのために楽天は都内某所に「クラウドイノベーションラボ」を設立。商用環境のミニチュアを作り、シスコやノキアの海外拠点と接続した自動テスト環境を構築しています。

rakuten
楽天がキャリア事業に向けて開設したクラウドイノベーションラボ

■最新技術だけでキャリアを立ち上げるという挑戦

 楽天が取り組む「アポロ計画」並みの挑戦は、ビジネス面では無謀との声はあるものの、エンジニアにとって非常に魅力的な側面があります。

 楽天のもとには大手キャリアやQualcommなどで携帯インフラの根幹を支えてきたエンジニアが続々と集結。10月にサービスを開始する4Gのアンテナはノキア製ですが、5Gのアンテナは楽天が自らハードウェアを設計しています。

rakuten
5Gのミリ波アンテナはQualcommのチップを使って楽天が自社開発したという

 特に面白いのは、他キャリアのように既存設備のしがらみがない環境で、5Gへの移行を前提に最新技術で固めた携帯キャリアを新たに作ろうとしている点です。

 筆者の経験上、エンジニアなら誰しも「最新技術だけで固めてゼロから作り直したい」という欲求に駆られることがあります。しかし現実にはリスクが大きすぎるため、いま動いているものを改善していく仕事がほとんどを占めています。

 しかも電波の割り当てには限りがあるため、携帯キャリア事業はお金を注ぎ込めば誰でも参入できる領域ではなく、まさに一生に一度、出会えるかどうかのプロジェクトになっています。

 ここで効果があらわれてきたのが、社内の英語化や外国人社員の登用など、グローバル化への取り組みです。CTOのタレック・アミン氏以下、楽天のキャリア事業には海外出身の技術者が数多く参加しています。

rakuten
タレック・アミンCTO。インド企業やファーウェイ、T-Mobileでの経歴を持つ。

 MWC19の基調講演後、楽天ブースには海外からの来場者も数多く訪れており、関心を持った技術者も少なくなさそうです。こうした人材を受け入れる準備があるというのも、楽天の魅力になりつつあります。


※お詫びと訂正:初出時、タレック・アミン氏の名前に誤りがありました。お詫びして訂正します。(3月6日16時15分)