セブンイレブンの看板
Photo:AFLO

コンビニエンスストア加盟店オーナーの悲惨な実態が、次々に報じられている。今後、オーナーの成り手がいるのだろうか。そんな懸念をますます深めてしまうのが、本部が実施するオーナー募集説明会の内容だ。オーナー勧誘のために語られた業界の絶対王者・セブン-イレブン・ジャパンの言い分に納得できる人は一体、どれだけいるだろうか。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟、YouTubeで音声を公開中

 人手不足に日々悩まされるコンビニエンスストアの加盟店オーナーは少なくない。ところが昨年末、セブン-イレブン・ジャパン(SEJ)の古屋一樹社長(当時)は、「人手不足が我々の店にとって深刻な問題だという認識はない」と発言。その“ずれた”現状認識に、オーナーたちは不満を募らせている。

 そんなオーナーたちの負担を解消しようと、SEJをはじめコンビニ大手各社は4月25日に「行動計画」を発表。セルフレジの導入や従業員の研修といった支援策を打ち出した。その数日後、ある都市で開かれたSEJのオーナー募集説明会の音声を、本誌は参加者から入手した。その内容を紹介しよう。(YouTubeで音声を公開中

「セブン-イレブンでは、すべてのお店が人手不足なわけではありません。ほとんどのお店さんは、きちっと従業員さんがそろっていますけどね」

 講師を務めたSEJの本部社員の男性はこう断言した。人手不足はコンビニに限らず、広く小売業界、ひいては日本経済を悩ませる深刻な課題であることはいうまでもない。その一方で、社長交代を経てなお、コンビニ業界の王者の認識は変わっていないようだ。