三菱デリカD:5・P
三菱デリカD:5・P 最新モデルは写真の標準シリーズとエアロイメージで外観を仕上げたアーバンギアの2シリーズ構成 Pは標準シリーズの最上級グレード 価格:8SAT 421万6320円

11年ぶりにモデルチェンジしたデリカD:5は大胆マスクに、全車2.3リットルディーゼルを搭載した4WD仕様だ。最新の3列シート・ミニバンはタフな走行性を誇る。

11年ぶりにモデルチェンジ
“押し出し感の塊”のようなフロントマスク

 ミニバンというジャンルに収まりきらないほど圧倒的なオフロード性能――そんな“特技”の持ち主がデリカD:5だ。最新モデルは、11年ぶりに大幅改良が施され、商品力がアップ。新型は、好き嫌いがはっきりと分かれる、“押し出し感の塊”のようなフロントマスクが大きな話題になっている。

 新型は、従来モデル比で最大トルクが2.0kg・mアップした2.3リットル直4ディーゼルターボ(145ps/38.7kg・m)を搭載。トランスミッションは6速ATから8速ATになり、駆動方式は全車4WDだ。

 デリカD:5は、3列シート車の中で希有なキャラクターを持つ。メーカーは「オールラウンドミニバン」と表現しているが、D:5の個性はタフな走りだけではない。“スライドドアを備えるモデルで、唯一のディーゼルエンジン搭載車”というアピールポイントがある。もうひとつ追加したい特徴が、高度な高速域の走行性能だ。